車査定の相場は平均でどれくらいなのか

車を売る時は少しでも高く売る為に、同じ車種の平均査定相場や変動などを調べるものではないでしょうか。

ここでは車査定の相場の平均価格や値上がり変動などについて詳しくまとめています。

車査定相場の年間推移について

車を売るときには、なるべく高く売りたいので、高く売れる時期を知りたいものです。車には、年間で売れやすい時期があるため、車査定の相場も、年間で高くなったり、低くなったり推移するものが多いです。一般的には、ボーナスの後の連休があるときが売れやすい時期と言われています。

たとえば、夏のボーナス後のお盆休みや9月の連休や、冬のボーナス後のお正月休みは、車を見て歩いて買う人が多いので、売れやすい時期と言われています。この時期に合わせて、車買取専門業者は、仕入れをして在庫を増やしたいので、売れやすい時期の少し前に車査定の相場が上がる傾向にあります。

また、春も売れやすい時期で、3月のディーラーの決算時期や、転勤や就職、転居などで車が急に必要になる人がいるため、売れやすく、少し前の時期に車査定の相場が上がると言われています。

しかし、車を高く売ろうと、時期をうかがっていて、車の年式が古くなってしまったり、車検時期が近くなってしまったりするというマイナス要因もあるので、一概に高く売れるとは限りません。自分の売りたい時に、相場が上がる時期が迫っていたら、急いで売るように査定を受けるなど、効果的に利用するのが開始濃い方法かもしれません。

車査定の相場を左右する人気度

中古車を売る場合は、査定士に車査定をしてもらうことになります。車査定士は車の内外装を念入りにチェックしたり、エンジンの調子を見たりして査定していきますが、車査定額に大きな影響を与えるのは、その車の相場です。査定士は相場を基準にしながら、プラス、マイナスを査定していくわけです。

では、その相場に影響を与えるのは何でしょう。それはその車の人気度です。人気がある車は中古車市場でもよく売れますので、多少高く買い取っても利益を上げることができます。しかし、逆に人気のあまりない車である場合は、値段を下げないと、中古車市場ではなかんか買い手を見つけることができません。

どんなに性能の良い車であっても、買い手がいなければ、値段を下げざるを得ないのです。一般に人気があり、車査定額が高くなる車をあげると、まず小型車や軽自動車を上げることができます。10年落ちの軽自動車でも20万円前後の値段をつけて販売されているのをよく見かけます。

10年落ちの車は価値がゼロと判断されてもおかしくないのですが、20万円もの値段がつくのは、その値段でも買う人がいるからです。新車価格が100万円前後だとすると、値落ち率も非常に少ないことがわかります。

車査定の相場が値上がりする時は?

車を売却する時や、買い替える時には、車査定をしますが、業者に査定を依頼する前に、インターネットで情報を集めることをおすすめします。インターネットでは、どんな業者があるのかや、自分の車の相場や、車査定価格などを調べることができます。

最初に、相場表を見たり、インターネットで、一括の車査定をしてみると、目安ですが、自分の車がどのくらいの価格なのかが分かります。もちろん、実際に査定してもらうと、傷があったりなどで、価格が下がることも考えられますが、大体10万円なのか、50万円位なのかの見当がつきます。

相場は、中古車市場の需要と供給のバランスによって決まるので、値上がりしたり、値下がりしたりすることがあります。季節的に値上がりしやすい車は、夏に向けてのオープンカーや、冬に向けての四駆車です。季節的に需要が高まるため、相場が値上がりすると言われています。

特定の人気車種の人気カラーなどは、需要が高まると値上がりすることがあります。軽自動車は値動きが少ないと言われており、欲しい人が増えると高くなる可能性がある車です。また、最近人気のエコカーやハイブリッドカーなども発売直後から中古を探す人が多い車と言えます。

車査定の相場の変動について

車の売却をする時に、相場を調べたりしますが、相場はその時によって変動することが良くあります。一般的に、時間がたつほど車の買取価格は下がっていく傾向があります。また、季節によって違ったりすることもあるので、注意が必要です。

車査定を受けるときに、一番高い時期に売りたいと思うことが普通ですが、車が売れやすい時期というのがあって、2月3月と8月9月辺りと言われています。ボーナスが出た後の連休があるときに、車を見に行って購入する人が増えるという理由です。

3月は、ディーラーの決算期なので、値引きなどを期待する人が、1月2月ではなく、3月にしようとなるからで、この時期に向けて、在庫を集めるために、少し前に車査定を受けると高値が付きやすいと言われています。

また、一年の間に、相場が変動しやすい車は、オープンカーと4WD車と言われています。オープンカーは初夏からの需要が高く、4WD車は、雪が降る地域では、冬に向かって需要が高くなると言われて言いますので、この時期の前に車査定を受けると高値がつく傾向があると言われています。

しかし、高値の時期を意識しすぎると、車が古くなってしまって値段が落ちることもあるので、自分の車にとっての高値の時期を見逃さないように決断することが最も大切です。

中古車査定相場や買取平均額を知りたいなら

自宅で保有している自動車を中古車買取業者や売却したり中古車オークションに出品して現金化したいと考えているものの、売却予定の自動車が中古車業界で平均いくら程度で売買されているのかが分からないという方もいらっしゃるでしょう。

中古車査定相場や買取平均額を知りたいなら、複数の中古車買取り業者に下取り査定依頼を一括で出せる中古車査定一括サイトを利用することをお勧めします。複数の会社からいくらで売却希望の自動車を買取るのかという連絡がすぐ来るので、平均的な買取金額や大まかな相場を即座に確認できるため便利だからです。

中古車査定業者に連絡を入れずとも買取金額のシミュレーションが行えるといったウェブサイトも存在しているため、個人情報を複数の会社に提供したくないといった方は中古車査定シミュレーションページを有効的に利用することを検討してみてください。

相場が分かった段階から売却を進めていっても遅いということはありません。むしろ大体この程度の値段で売れるという認識を事前に持っておいたほうが、安値で自動車を引き取ろうとする業者との遭遇を避けられると言えるため、事前の情報収集に力を入れておいたほうが無難だということを記憶しておいてください。

車査定の相場を左右する走行距離

自分の愛着がある車はできる限り高く買い取ってもらいたいものです。また、車を買い替える際には、お金がかかるものですから、少しでも今まで乗っていた車が高く買い取ってもらえれば助かります。車を高く買い取ってもらうためには、車査定における相場や買取価格を上げるためのポイントなどを知っておく必要があります。

車査定において、買い取り価格を有利にするためにはいくつかのポイントがありますが、重要なポイントのひとつは走行距離です。走行距離は車査定価格にダイレクトに響いてくる要素です。基本的には、車査定において走行距離が少ない方が買取価格相場が上がります。

しかしながら、年式に対してあまりに少なすぎる場合等はメーターの巻き戻しなどが疑われ、買い取り価格が上がらない場合もあります。走行距離は車を買い取りに出す場合にはこちらでは工夫が出来る部分ではありませんので、その他の部分で買い取り価格を上げるための工夫をする必要があります。

車を実際に使用している間に無駄な距離を乗らないということを心がければ買取の査定は上がるということになりますので、買い取り価格を下げたくないという方の場合は、無駄な距離を走らないことに注意されると良いです。

車査定の相場価格を知りたいなら

車を売ることを決めても、分からないことがたくさんあって困ることがあります。査定を受けることは分かっているけれども、どこに頼んで良いかわからない場合や自分の車の相場を知りたい場合など、初めは分からないことが多いのですが、自分の車の相場価格を知ることから始めることをおすすめします。

相場価格は、あくまでも目安なので、車査定を受けると差があることが多いのですが、大体どのくらいかの目安になるので、車査定を受ける業者を決める時や価格の交渉をする時に大変役に立ちます。相場価格を知る方法は、二つあります。

ひとつは相場表を見ることで、インターネットで検索すると見つかります。いくつかの表を見ると、何となく見方や値段が分かってきます。

もうひとつは、インターネットで一括査定をする方法です。インターネットの一括査定は、入力した同じ条件で、複数の買取業者の車査定を受けることができるので、目安の値段や、高い、安いが分かるので大変便利です。

このときに、一番高いところに決めてしまうと、実際の査定では、細かな条件や、車の状態によって金額が変わってくることがあるので、あくまでも、いくつかに絞るための目安にすることをおすすめします。

車査定相場に買い時はあるのか

車査定相場に買い時はあるのでしょうか。厳密にいうと、車種ごとの買い時や、時期により高額査定が出やすい時があります。車種ごとというのは、まず、モデルチェンジの時期による査定への影響です。モデルチェンジの前と後では大きく価格が変動します。また、発売時期が新しければ、中古車が出回っておらず高額査定が出やすくなります。

また、年間を通しても買い時は存在します。車査定で高額査定が出やすいケースとは、買い手が多くいる場合です。買い手がいる場合には、買取業者の在庫期間が短くなるため、買取業者も思い切った車査定をすることができます。

年間を通して買い手が多いのは、言うまでもなく6月、12月などのボーナス時期です。この期間には、通常よりも中古車相場が高くなります。それ以外では、買取業者の決算時期です。決算前には決算セールなどが行われるケースが多く、通常の時期よりも中古車相場は高くなります。

また、大手買取業者の決算月は3月に集中していることが多く、各社競って車を買取にきます。これは、最早年中行事みたいになっており、買い手もこの時期を狙って買いにきますので、買い時の条件は揃っています。前述のボーナス時期と並んで高額査定が出やすい時期と言えるでしょう。