車査定に出すだけで料金はかかるのか

車を売る時には買取業者やディーラーに査定額を出してもらう必要がありますが、車査定に出すだけでも料金はかかるのでしょうか。

ここでは車買取時にかかる料金や手数料について詳しくまとめています。

車査定に料金はかかりますか?

車査定の料金がかかるかどうかは、お店によって違いますが、一般的に、販売店に下取りに出す時には査定料がかかり、買い取り専門店に出す時にはかかりません。どちらに出しても、車査定をして出てくる金額は、車本体の下取りや買い取りの価格なので、これだけで決めると、査定や下取りに料金がかかっていて、価格が逆転してしまうということもあるので注意が必要です。

査定料は、車査定をする時に、中古自動車査定士の資格を持つ人がするので、その際の人件費です。また、下取り諸費用は、下取りした車の名義を販売店に変更したりするための手数料で、販売店によって違いますが、1万円を超える場合あり、手続き代行料と呼ばれることもあります。

これらの料金は、普通買い取り専門店に車査定をしてもらったり、買い取ってもらったりする時にはかかりません。このことを頭に入れておくと、査定や買い取りに料金がかかるかどうかを事前に確認し、その費用を引いて、実際の買取金額を正確に比べることができるようになります。

高いと思って頼んだのに、結局、他の店の方が高かった、ということになると、気持ち的に納得できなくなってしまうので、先に仕組みを知って、確認をしてから比べることをおすすめします。

車買取の手数料について

車を売るときは、買取業者に買い取ってもらうか、ディーラーなどに下取りしてもらうかの方法が考えられます。次に欲しい車がある場合、ディーラーに下取りをしてもらって、その分の費用を、値引きのように次の車の代金から引いてもらった経験がある方は多いですが、その時に、下取り査定手数料などがかかっていることを知っている人は少ないものです。

下取り査定手数料とは、文字どおり、下取りをする時にする査定の手数料です。また、下取り諸手続き代行費用、というものもあり、これは、車を実際に引き取ってもらう時に発生する費用で、二つを合わせると、数万円になることもあります。

車買取の専門業者に車買取を頼んだ場合、この二つのお金は、特別な場合を除いて、かからないことが多く、その分、戻ってくるお金が多くなるといえます。加えて、車買取業者なら、車を売ることが主体のディーラーなどに比べて、中古車を買うことの専門家なので、車の正しい価値や、ひとつひとつのパーツの適正な価値まで分かっているので、買いたたかれることはありません。

本体価格と手数料を考えると、車買取を考えているなら、専門の買取業者でも査定してもらい、得な方を選ぶことをおすすめします。

オークションでの車査定と手数料の相場について

自動車オークションというものが開催されています。各会場によって毎週行われているものになり、一般的な方は代行業を行っている業者に依頼をした上で、車査定を受けることになり、その後にオークションに出品されることになります。車査定は比較的高値が付くことが一般的とされており、通常の車買取り業よりも中間マージンが発生しないことが車査定のメリットとされています。

そんな中、実際にオークションを利用するためには代行手数料というものが発生することになります。手数料の相場に関しては、各業者で予め設定しているものとされており、通常では3万円から5万円程度の範囲が多い傾向にあります。

その後に必要とされている書類などのやり取りに関しては、代行業者がその多くを行ってくれることになり、面倒な作業が必要としないというメリットもあります。手数料を支払ったとしても、元々の車査定額が高いということもあって、当初の希望通りに落札された方の場合では、その分を差し引いたとしても利益的には十分なメリットを受けることも特徴とされています。

大切になる項目の中には、自動車の状態というものがあるために、できるだけメンテナンスを行った状態で出品することが望ましいことになります。

オークションの車査定お特徴と手数料

オークションでは会場の検査員が車査定に当たりますが、業者間の取引となるため消費者の目線では査定されていないのが現実です。小さな傷やへこみの数ヶ所は会場の車査定には影響しませんので、修復を前提として業者が落札する仕組みがあります。

オークションは個人では参加できませんので、売却する場合には代行業者に依頼する必要があります。代行業者に依頼すると費用がかかりますが、そのほかにも会場に支払う手数料が必要です。代行業者には成立した場合に支払う費用ですが、代行業者によって料金は異なります。

オークション会場では出品するだけで出品料がかかりますが、落札がされない場合でも返金されない費用となります。また落札されて成約に至った場合には成約料として会場に支払う費用があります。

オークションでは個人で参加できないため代行業者に依頼することになりますが、会場までの陸送費が必要になります。自分で直接会場まで運ぶ場合には陸送費をとらない業者もあります。

オークションの車査定は買取査定とは性質が異なるため注意が必要ですが、出品するだけで手数料がかかりますし成約料もありますので、必ずしも高額で売却できる訳ではないという点に注意が必要です。

車査定額はオークション価格から落札手数料を引いた額が基準

車査定には相場があります。この相場よりも高値の車査定を引き出すことができれば、満足度も高くなります。ところで、この相場は中古車販売店が中心となって入札する自動車オークションの落札価格を元に算出されているのをご存知でしょうか。

中古車買取店は、買い取った中古車を、その自動車オークションにて売却して利益を得ます。そのために落札価格よりも安いお金で買い取らなければ、買取店が利益をあげることができません。また、オークションの出品するときには、落札手数料などの手数料が必要になります。そのために落札価格から、その落札手数料などを差し引いた価格が車査定の基準となります。

相場表では、車1台ごとの平均的な落札価格が掲載されています。それを基準にしながら、走行距離や修復歴の有無、カラー、オプションの有無、傷やヘコミなどを見ながら車査定をしていきます。ただ難しいのは、相場表も大雑把な価格で、車一台一台状態が違います。

そのために買取店によって、車査定価格がかなり異なってくることがあります。そのために、1社だけの買取店で決めてしまうのではなく、数多くの買取店から見積もりを取ることで、最も高値を付けてくれる買取店を選ぶことがポイントになります。