車査定でチェックされる項目について

車を売る時は車種や年式、走行距離だけで査定額が決まるわけではなく、内装や外観のへこみや傷など、たくさんのチェック項目を見られます。

ここでは車査定でチェックされる項目について詳しくまとめています。

車査定で重要な項目とは

車査定をする場合、車の状態によって査定金額が変わってきます。最近ではインターネットで査定金額がわかる一括査定サイトの存在があることから気軽に現在の自分の車査定を行うこともできます。それらのサイトでは、車種年式グレードカラーなどを記入するだけで簡単に調べることができますので、利用してみると良いでしょう。

少ない項目で調べることができますので非常に便利なサイトになります。車査定を受ける場合、重要な項目があります。それが年式と走行距離になります。買取で基本とされているのは、1年経過すると1万キロ走ったという公式があります。たとえば3年経過したら3万キロ走っている方が好ましいこということになります。

ただし3年経過すると2万キロ走っていると評価が高くなると思いがちですが、査定士のなかでは1万キロ走っていないということをあまりよく思わない人もいるのです。車のエンジンは繊細なものであり、またよく走っている車であるほど丈夫なエンジンという認識を持っている査定士もいます。

査定士の判断によって左右されることもありますので一概に言えませんが重要な項目といえるでしょう。また年式が古い車ほど評価が低くなりますので、これも重要な項目になります。

車買取の際のチェック項目について知ろう

車買取を利用すれば中古車も思わぬ良い価格で買い取ってもらえることもありますが、買取の際には査定が行われ、様々なチェックが行われることとなります。それゆえに、実際に車買取のサービスを利用する際にはチェック項目についても調べておき、どのような部分が重視されているのかを知っておきましょう。

車買取の査定を行なう際jは、まずはインターネットや電話である程度の価格を知ることができますので、簡易的な査定が行われることとなります。この際のチェック項目としては、まずメーカー、年式、車種、さらに走行距離などが確認されます。

そしてボディカラーについても聞かれる場合があります。電話やネットでの査定で良い価格がつくと感じたら、実際に査定を行ってもらうこととなります。この場合は車検証の記載事項や整備記録なども確認されます。

そのほかでは車体に大きな傷がついていないか、汚れ具合、純正パーツ以外のカスタマイズが行われていないかも調べますし、さらに車内の汚れや臭いなどもチェックされます。さらにヘッドライトなどライト部分がきちんと作動しているか、エンジンルームの確認、オイル漏れの有無、タイヤやホイールの状況、バッテリーの減り具合など様々なチェックが行われます。

車買取の傾向について

車買取は、車がもういらなくなったり、買い替えを考えていたりして、古い車を手放す時に利用しますが、最近は、販売店の下取りよりも、値段が高くつくことがあると好評なため、車買取店に査定を出す傾向があります。車買取店は、買取専門で、正しく価値を見極められることや、販売ルートを持っているため、高値での買取が期待できるのです。

最近は、新しい車が次々と発売されますが、中古車市場も盛況で、中古車を求める人も多くいます。傾向としては、古くても、好きな車に乗りたくて、好みの車を探すことと、新しい車では、燃費の良いエコカーやハイブリッドカーを求める人が多いことが挙げられます。エコカーやハイブリッドカーも、中古車市場に出回る数が増えてきています。

乗り換え需要もあるため、燃費の良い車は、とても人気があり、高値がつく傾向があります。また、もともと車体が軽くて燃費が良い軽自動車の人気も続いています。軽自動車は、維持費が安いため、女性や若者、高齢者にも人気があるので、欲しい人の幅が広いことが特徴のひとつです。

また、セカンドカー、サードカーとしても重宝されているので、値崩れしにくい車と言われており、車買取でも高値が期待できる車のひとつです。

車買取の時の付属装備品について

自動車買取を依頼して、査定をしてもらう時に、付属の装備品がきちんとあることを確認してから、査定に臨んだ方が良い場合が多いです。あるはずの物がない場合は、マイナスになることがあり、買取金額が下がってしまうことがありますので、付属装備品は、車に戻し、車買取査定を受けることをおすすめします。

車には、取扱説明書やスペアタイヤ、マット類など、初めに購入した時に付いてきた物がありますが、これらはきちんと付いているといつ前提で話が進むので、無いとマイナスになる可能性があります。また、車検証はもちろんですが、修理手帳や点検の記録などもあると、車の状態や整備状況が分かるので、良いことが多いです。

車買取の時に、付属装備品がない場合は、車買取業者が、新しくつけることになるので、そこに費用が発生してしまいます。その分を買い取り価格から引いて、査定金額を提示することになるので、買取価格が下がってしまうのです。

少しでも、買取価格を高くしたいので、付属装備品はきちんと点検して、最初にあった場所に置いておくことをおすすめします。同時に、最初に付いていなかった物は、きれいに片づけておくと、買取業者の手間が省けて良いです。

車買取査定の時のテクニック

車を売るときには、少しでも高値がつくことを期待します。強く願うよりも、できることをやっておくと、高くなることがあるので、ほんの少しのテクニックを知っていると、買い取り価格がアップする可能性があるので、おすすめです。まずは、車をきれいにすることです。

そんなことくらいで、本当に高くなるのか、と疑問に思う方がいるかもしれませんが、車をきれいにするには、人手がいるので、車がきれいだと、車買取業者の手間が省けることになるため、その分車買取価格に反映される可能性があり、汚いからと値段が下がるのを防ぐ効果もあります。

車がきれいということは、大切に乗っていた、という証でもあるので、印象が良くなります。車を洗車してピカピカなだけでも印象が良くなると思いますが、内装にも掃除機をかけたり、軽く拭いたりして、清潔にしておくとよいでしょう。

忘れがちなのが、トランクの中で、汚れがたまっていたり、土や泥が付いていることもあるので、掃除機をかけてきれいにしておくと、印象が大変よくなります。

車買取の時のテクニックとしては、必要な取扱説明書や修理・整備記録、車本体の保証書などをきちんと添えて、最初に付いていた付属品も揃っていることで車買取価格が下がることを防げます。取り換えた部品も、純正の物を添えておくことがおすすめです。

車買取のポイントについて

車買取の際に、まず行うのが査定です。その際に、良い評価を得られるポイント、悪い評価になるポイントは、業者によって大きく変わります。

査定を依頼した業者に、同じ車種の在庫が多くあり、持て余している状態の場合、評価は下がる可能性があります。それに対して、その車種の車を1台でも多く買取をしたいと考えている業者に査定を依頼すれば、良い評価となる可能性が高くなります。

ですが、車買取を行っている業者の在庫状況や、車の評価ポイント等は、実際に査定を受けてみるまで分かりません。ただ、実際に査定を受け、査定額に納得できないから、断るというのは大変と考える人は少なくありません。

そんな時に便利なのが、ネットで、車の情報を入力し、送信するだけで複数の車買取業者から、メールや電話で、現在の査定額についての連絡がきます。それにより、現在の買取の相場が分かるだけでなく、その車を高く評価してくれる可能性がある業者がどこか、判断をする材料となります。

ただ、この時点お査定額は、入力した情報だけで出したものであり、実際に車を見て査定を行った場合、その金額は前後する事があります。ですが、車買取をして貰いたいと考えたら、まずは一括査定を利用してみる事がお勧めです。