車買取時に高額で売る為のコツについて

車買取時には出来る限り高値で売りたいと思うのは自然の流れですが、初めての車買取の場合どうしたらいいのかってわかりませんよね。

ここでは車買取時に高値で売る為のコツについてを詳しくまとめています。

車買取で高額査定にするコツ

車買取の時には、少しでも高く売りたいと思うものですが、思っているだけでは、値段は上がりません。高額査定にする時に、自分でもできるポイントがあるので、ぜひやってみてください。車買取を希望し、査定に出す時には、車をきれいにしておくことがポイントです。

車をきれいにしているということは、車を大切に扱っているということなので、印象が大変よくなります。長年頑張ってくれた愛車をきれいに洗車し、内装にも掃除機をかけたり、拭いたりして、きれいにしておきましょう。また、トランクの中もきれいに掃除が行き届いていると、さらに印象が良くなります。

次に、大切なのは、購入した時に付いてきた付属品や取扱説明書、整備手帳などが、しっかりあるかどうかです。取扱説明書は、車買取査定の時にも必要になるので、必ずあった方が良いものです。また、ハンドルやマフラー、アルミなどを変えて乗っていた場合には、純正の物も添えて車買取の査定出すことをおすすめします。

車買取の時には、車をきれいにして、付属品をしっかりつけることで、マイナス要素がかなり少なくなるので、高額査定のままで、買い取ってもらえる可能性が高まります。準備ができたらできるだけ早くに査定に出すことも、高額査定になる大きなポイントです。

車買取で高値がつく方法

車を売ることを決めたら、少しでも高く売りたいと考える人は多いのですが、高く高く、と思っていても、値段が上がるものではありません。車買取査定の時には、車の年式や走行距離、そして人気のカラーなどが重要なチェック項目になりますが、もう一つ高値買い取りのために大切なポイントは、車の内外装です。

内外装がきれいな車は、大切に扱われていたと判断されるので、とても大切です。お世話になった愛車をきれいに洗車し、内装にも掃除機をかけるなどしてから車買取査定に出しましょう。また、トランクなども掃除機をかけてきれいにすると、印象が良くなります。

次に気を付けたいポイントは、車の購入時に搭載されていた付属品がきちんとあるかどうかです。特に、取扱説明書や整備手帳などは、車の買取査定をする時にも必要です。その他に、買った時に付いてきた物が、すべてあることが望ましいので、別のところに保管していないかよく思い出して、元に戻しておいて下さい。

また、ハンドルやマフラー、アルミなどを交換した場合も、純正部品を保管しておいて、車買取査定の時に一緒に見せることをおすすめします。ない場合は、査定金額からマイナスになることもあります。これらのことをきちんとしてから、できるだけ早めに査定に出すと、高値が付きやすいと言われており、おすすめです。

中古車買取店で相場表に惑わされる?

中古車買取店に車を持ち込み、査定見積もりを行うと、相場表に基づいて査定が行われます。相場表とは、中古車販売や流通にかかわる業者らが、自動車の車種やグレード別に設定された価格が平均値として網羅されている中古車買取に活用するガイドブックであり、車種が年式やグレードごとに走行距離やカラーなどを考慮した平均相場が書かれた本です。

これは、中古車流通業者のみが持つ本であり、消費者側が普段目にすることはありません。買取店に相場表が置いてあり、買取りの際に必ずその相場表を見せられ、「相場よりも高く買取が出来ます」などの文句でお客に高値をアプローチしてくるでしょう。

しかし、相場は平均値として存在するものであり、必ずしも正確なものではありません。例えば、平成20年式の〇〇と言う車があり、〇〇のGと言うグレードが相場で買取価格が10万円としましょう。グレードとボディーカラーと共に年式で考慮された価格でしょうが、中古車買取価格を決めるものとしてその車両の状態が一番であるということです。

インテリアやエクステリアの状態がきれいに保たれているか、エンジンの調子が良いか、エアロやサンルーフのカスタマイズがされているかなど、必ずしも相場通りとはいきません。相場表に左右されることなく、自身の車の価値を調べておくことが大切となります。

車買取の時は諸費用に注意

車を売るときに、査定を受けますが、買取金額、と提示された価格に目が行って見落としがちな物が諸費用です。車買い替えの時には、ディーラーに下取りに出す人が多いのですが、ディーラの下取りの場合、諸費用が多くかかって、使える金額が下がっていることがありますので気を付けてください。

諸費用には、下取り諸費用や査定費用などがあり、文字どおり下取りする時にかかる費用や、査定をするためにかかる費用という意味です。

下取りをする時の名義変更や手続きをするための費用だったり、査定をするための費用だったりしますが、二つ合わせると、何万円かになってしまうことが多いので、下取りの価格が一見高く見えても、結局はお店に吸収されたようになくなってしまう場合があるのです。

車買取の専門業者なら、査定費用と諸費用がかからないことが多く、その分、車買取の価格から引かれないので、結果的にはこちらの方が車買取価格が高かったということになる可能性もあります。

もちろん、その分を差し引いても、高い方に決めることにできていたらよいのですが、いつもそうとは限らないので、自分でしっかり把握して、自分の手元に入る金額を計算することをおすすめします。

車買取店に車売却したときの入金方法

車買取店において、乗っている車を売却しようと考えたときに、いつどのように買取代金が入金されるのか気になっている人もいると思います。基本的に車買取店に車の売却を行ったときには、契約が成立してから数日から1週間ほどのうちに指定しておいた銀行口座に振り込んでもらう形で支払われることになります。

車買取店によっては即金で支払いますと謳っている業者も多いですが、多くの場合には何日かかかってから支払われます。買取代金については買取の契約が完了してから行われることになりますので、契約が完了するまでに期間が長くかかってしまったら、その分だけお金を手に入れるまでに時間がかかることになります。

ですので、車買取店の査定を受けるときや買取契約が行われるよりも前に、自動車検査証や納税証明書、リサイクル券などの契約に必要になってくる各種の書類について、あらかじめ用意しておくことがおすすめです。事前に必要な書類を全て用意しておくことによって、契約をスムーズに進行させることができます。

買取契約が成立したあとには、振り込み先や入金の確認が行われますので、車買取店のスタッフの説明をしっかり聞くようにしましょう。指定日になっても買取代金が支払われないときには、業者に連絡することをおすすめします。

車買取の売買契約書について

車を売るときに、査定結果が出た後、引き渡しの日などを相談したり、最終的な車買取金額が決まったら、契約手続きを行います。業者と買い取り売買契約書を交わしますが、これは古物取引の契約書になります。古物取引では、売り手の身元を明らかにするという決まりがあるので、健康保険証や運転免許証などの証明書が必要になります。

売買契約書には、車体番号や走行距離、色や装備など車のことが分かる内容が書かれていますが、大切なのは売買条件にかかわる部分です。内訳をしっかり確認して、誤解のないように納得してから契約をすることをおすすめします。

このときに確認したいのが、カーナビなどを取り外す場合に、取り外し費用がどうなっているかなど、別に発生する費用のことです。書いてないことがあったり、分からないところがあれば、車買取業者に質問して確認しておくと安心です。

車買取後の事故や、車買取業者が売却した後に、トラブルが起きることもありますので、日付の記載があるかどうか、空欄になっていて、後で書きます、と言われる部分はないかどうかをしっかり確認しておくことも大切です。分からないところが解決できない場合には、契約せずに、いったん帰る勇気も必要かもしれません。