車査定時の評価に繋がるポイントについて

車を売る時の査定時にはぱっと見で傷などを確認できる外観だけでなく、内観や細かい部分までをしっかりと確認します。

ここでは車査定時の評価に繋がるポイントについて詳しくまとめています。

シートの状態による車査定の評価

車査定では各部のコンディションを確認しますが、内装に関しても重要な部分となってきます。特に内装パーツに関しては簡単には交換できない物が多いため、劣化や損傷があると減額査定となります。日頃から大切に扱うことが査定を高める秘訣となりますが、劣化してしまった場合には諦めるしか無いといえます。

内装の中でもシートに関しては減額幅が大きい部分ですが、擦れやタバコのこげ穴などは減額の対象となります。簡単には交換できませんし、交換には高額な費用がかかるためその分が減額されてしまいます。内装で評価を落とすと高額査定は難しいですから、丁寧に扱うことが車査定のために必要です。

シートの他にも天井やメーター周りなど、傷や汚れがある場合には可能な限り消しておくことが大切です。評価を落とさないためには自分でできる工夫や努力をしておくことが車査定のポイントになってきます。車内の場合には汚れの他にも臭いがポイントになってきます。

タバコやペットの臭いは本人には気になりませんが他人からは気になってしまう部分ですから、極端に臭いがひどい場合には減額の対象になってしまいます。車査定の前にはできる限り消臭をしてコンディションを整えておくことが大切です。

車査定におけるマフラーなどの社外パーツの評価

車を購入すると自分の好みのスタイルでドレスアップをする人が多いですが、車査定ではそのままで受けたほうが良いのか元に戻して受けたほうが良いのか悩むはずです。車査定の評価は純正状態を基本としていますので、ドレスアップ車に関しては単純に判断できないケースが多いと言えます。

ドレスアップパーツにはマフラーもありますが、車検に対応しているものであればそのまま査定を受けてみるのも良い方法です。マフラーは簡単に交換ができますので、純正品を保管していれば特に評価が落ちることはありませんし、元に戻すにも費用がかかりますのでそのまま査定を受けたほうが良いと言えます。

ドレスアップ車では車検に対応しているパーツが前提となりますので、非対応であれば元に戻したほうが良いと言えます。同じ車査定でも下取りと買取りでは異なる部分もあるため注意が必要です。

ドレスアップ車で減額されてしまうのは、明らかに消費者が馴染まない状態にある場合となります。スポーツカーにマフラーを装着していれば需要はありますが、高級車に爆音を出すマフラーがついていても消費者は望まないことが多いのです。車買取は買い取った車を販売することが目的ですから、中古車を購入する側の気持ちを考えれば納得できます。

車査定とアルミホイールの評価

手軽にできるドレスアップとしてアルミホイールの交換がありますが、車査定では好評価が出る場合もあれば査定額に影響しない場合があります。また純正ホイールがある場合には査定時に交換を求められる場合もありますので、ケースバイケースと言えます。

高額査定に繋がる場合もありますが、人気の高いものであれば評価が高くなる事がありますが、低価格の汎用品であれば純正品と交換したほうがよい場合があります。社外パーツには好みがありますので、中古車として販売することが目的の車買取りでは逆に評価を落としてしまう場合があります。

車査定の基本として車検に通ることが前提となりますので、ボディからタイヤがはみ出ているなど規格外のパーツは不利な条件となります。有名メーカーの高額なホイールは高額査定が付く場合もありますが、単体で売却したほうが良い場合もあるため検討が必要です。

車査定ではドレスアップ車両でも車検に対応していれば通常通り査定を受けられますが、査定の結果に関しては業者の対応により異なる部分が多いと言えます。たくさんの業者がありますので、複数の買取店で査定を受け比較しながら選ぶことが大切です。タイミングが合えば下取りも好条件が期待できる場合があります。

車査定の純正パーツの評価と重要性

車査定では基本となる買取額が純正を基にしているため、最も条件が良いのが純正パーツとなります。カスタマイズをする人が増えていますが、車査定の評価では社外品よりも純正パーツのほうが優れているといえます。

車査定ではカスタマイズした車両でも受けられますが、評価に関しては状態や買取業者によって変わります。基本となる車両状態は純正がポイントになりますので、パーツに関しても純正が基本となってきます。

カスタマイズにより社外品と交換した場合には、元から付いていたパーツを確実に保管しておくことが大切です。カスタマイズ車の場合にはそのまま査定を受けたほうが良い場合もありますが、純正パーツに戻したほうが良いケースが多いと言えます。

人気の高い社外パーツであれば車査定ではなくパーツを単体で売却することも可能ですから、査定額によって対応を変える工夫が必要です。車査定では査定時に純正パーツの有無を確認される場合がありますが、その場合には社外品では査定額が下がってしまうことを意味します。

好条件で売却するには純正部品の有無がポイントになってきますので、交換してから査定を受けるか、純正部品が全てあることを知らせる必要があります。

車査定の基本と改造車の評価

車を購入するとドレスアップやチューンナップなどの改造をする人がいますが、車査定では買取業者によって評価が変わりますので注意が必要です。一言で改造車と言っても車検に通るレベルのものから車検非対応のものまで様々ですから、状況に応じて対応する必要があります。

通常の車査定では新車で販売された状態の価値が出されますので、基本的な価値を下げてしまうドレスアップはマイナス査定となります。エアロパーツやサスペンションの交換など、車体に加工を要するパーツはマイナス査定になるケースが多くなります。特に装着するために穴あけ加工が必要なパーツは評価を落としてしまう傾向があります。

改造車で車査定を受ける場合には、純正パーツの有無が大きなポイントになってきますので、社外品を装着しても純正パーツは必ず保管しておく必要があります。ドレスアップをしていても中古車として販売する場合には不利な状況もありますので、程度によって査定額も変わります。

簡単には判断できない部分ですが、一般的には改造車はマイナス査定になるケースが多いため、純正状態に戻してから査定を受けるのが基本となります。また手間がかかる場合にはすべての純正パーツを持って行くことも必要です。

車査定の基本とオーディオの評価

車査定では年式や走行距離、各部のコンディションにより買取価格が決められますが、社外品として取り付けたパーツの評価が気になるはずです。新品を付けた時は高額な費用がかかったはずですから評価に含めてもらいたいのが普通ですが、オーディオに関しては対応が分かれてしまうと言えます。

車査定では基本的に純正状態で価格が出されますので、オーディオやアルミホイールなど好みや好き嫌いのあるパーツは不利になる場合があります。もちろん買取店と下取りでも違いますし、買取店でも業者によって対応が分かれてしまいます。人気の高い高級品であれば車査定にも良い影響をあたえる場合はありますが、買取店によって違うため注意が必要です。

万全を期す場合には、純正品を保管しておき査定時に申し出ることがポイントになります。純正品が有ると無いとでは大きな差がでてしまうため、確実に保管しておくことが大切です。

中古車販売店や買取店の中には改造車を専門に扱っているところがあります。予め改造されていることで購入後にドレスアップにかかる費用を抑えられるメリットがあるため、改造車専門店にも一定の重要があります。一般の車査定で良い評価が出なかった場合には、改造車の専門店を利用してみるのも良い方法です。