ローンの残債がある場合の車買取の注意点

頭金とは別にローンで新車を購入したは良いものの、他の車が欲しくなったり必要なくなったりして車を買取に出すこともあると思います。

ここではローンの残債がある場合の車買取の注意点についてまとめています。

ローン残債がある場合の車買取

車を新しく購入した際に、銀行や信販会社などが提供しているマイカーローンを利用したものの、そのすべての金額の返済が終わるまでの期間中に車買取業者に売り渡したいという場合があります。

このような場合、車検証の「使用者」として本人の名前が記載されてはいるものの、「所有権留保」といって、「所有者」としては銀行や信販会社の名義がまだ残っており、すべての金額の返済が完了するまでは名義変更をしてもらえません。

名義変更ができない以上、車買取業者では受け付けてもらえないのが通例ですので、もっともよい方法は、車買取業者に出す前に、ローン残債を繰り上げですべて返済して、銀行や信販会社から「所有者」の名義変更に応じてもらうということになります。しかしながら、そもそもお金がないために車買取を希望している場合には、ローン残債をいますぐ一括で返済するというのは困難です。

このような場合でも、大手の車買取業者であれば、現在のローン残債をより有利な条件に組み替えるための別のローンのシステムを持っていることが多いため、あきらめる必要はありません。こうしたシステムを使えば、車買取に応じてもらえるとともに、余裕のある返済期間や返済金額でローン残債の清算ができるようになります。

車買取りのローン残債について

車買取の際にローン残債が残っているケースなどがあれば、それを無くす為の工夫も必要であり、逆に売却した金額でローン残債を返済すると言った事も行えます。しかし逆にローンの金額に及ばない車買取りとなった場合には、勿論手出しを行う必要もあり、そこでの金額を考えると、やはりせめてローン残債以上の車買取りを目指す事が良い売却方法となります。

しかし少しでも売却金額を高めていく為には、出来るだけ多くの買取り業者の査定を行う必要があり、一括査定などを利用した売却法であれば、複数の買取り業者の査定を一括で行う事が出来ます。この方法を活用しながら、取引を進めて行く事となれば、より良い金額での車買取を行う業者が現れたりする事も考えられる為、ローン残債を綺麗に出来る事も考えられます。

売却する方としてもやはりキッチリと対応する事が望まれる流れとなる為、色々な部分に関してもやはりしっかりと考えながら取り引きを進めていく事が求められます。

自動車の価格などは素人ではなかなか把握する事は難しいようですが、しかし多くの自動車買取り業者が査定を上げてくれれば、大体の平均的な買取り価格はそこで分かる事となり、ローン残債を綺麗に出来るチャンスもありそうです。

車買取の時のお得な豆知識

車を売却して、次の車を買ったりすると、前の車のことを忘れてしまう人が多いようですが、忘れずにいると、得をする豆知識をご紹介します。すでに納付している自動車税が、売却後に戻ってくることがあるのです。知らなかったり、忘れていたりすると、そのままになってしまうこともありますので、ぜひ覚えておきたい豆知識です。

自動車税は、車の所有者が支払わなければならない税金で、4月1日の時点で車を持っている人に課せられます。通常1年単位で納付することになっているので、中古車を売却する時に、売却した翌月から3月までの月割にした自動車税が戻ってきます。

業者の中には、この分の税金を車買取の金額に含む業者と、車買取金額に含まない業者がいるので、税金はどうやって戻ってくるのかを聞くことをおすすめします。ちなみに、軽自動車の場合は、税額が低いため、返金されません。

自動車税に似ていますが、自動車重量税は、新車を買った時や、車検を受けるときに、車の重量に応じて課せられる税金で、車検の有効期間分の税金を先払いすることになっています。車買取の時に、戻ってくるとうれしいのですが、こちらは戻ってこないことが普通なので、中古車を買った時には、払わなくて良いルールになっています。

車査定の地域による金額の差

車査定では中古車査定基準によりコンディションを確認しているため、査定方法に関しては全国で統一されているのが基本となります。同じ基準で査定をするため地域に関わらず同じ価格が出るはずですが、車種によって査定額に差が出てきます。

査定額の差は需要の違いといっても良いですが車にも違いはあります。雪の降る地域では4WDが必要な場合が多く、寒冷地仕様になっているため地域によって新車価格が異なっています。4WDの需要が高いところでは当然のように査定額も高くなりますが、需要が少なければ査定額も下がるのです。

車査定では業者によって買取額が異なるのが基本ですが、大手買取店では一律に同じ基準で査定を行っているため価格差が少ないメリットがあります。ですから地域よって異なる査定額を解消するには一括査定を利用するのが効果的です。全国の業者が査定額を出しますので、同じ基準で売却することが可能です。

地域によって車に必要な性能は異なりますので、特定の車種や駆動方式が有利に働くことは必ずあります。有利なところに住んでいればいいですが、不利な条件がある場合には大手買取店など統一した基準で査定が出せる業者に依頼するのが良い方法です。

車査定は購入時期が大きく影響する

車査定を行う場合、最も大きな影響を与えるのが購入時期と走行距離になります。当然ですが年式が新しい車の方が評価が高く、年式が古い車は評価が低くなります。また走行距離が増えることにより評価はマイナスになっていくのが一般的です。また購入時期の方が走行距離よりも重要視されますので、よく覚えていくようにしましょう。

車査定においてモデルチェンジが行われることが発表されると市場が活気づきます。旧式のモデルの買取注文が集まってしまい価格が下落することになります。なるべく高く売りたいのであればモデルチェンジが行われる前に車査定を行い売却すると良いでしょう。

よって自動車業界の情報網に敏感になって情報収集することも賢い方法になり、高く売るためには必要ですのでしっかり身に着けるようにしましょう。また購入時期がどんなに新しくても事故車であったり、車体にキズやヘコミがある場合は車査定価格が落ちます。

そして室内の状況が悪ければ評価はマイナスになります。綺麗に車を扱うことは直接的に査定価格に響きますので、日頃から車を大切に扱うようにしましょう。売れる前に高く売却する方法は少ないですので、日頃から車と正しく向き合うことが大切です。

車査定の際に車検が残り僅かな場合

車査定の際に、車検が残り僅かな場合、車検をして査定に出すかどうか悩むところです。出したほうが少しでも高い査定になるのか、或は、さほど変わらないのか。結論から言うと、さほど変わらないケースが多いようです。

理由は単純で、こちらで車検に出した場合には結構な金額がかかってしまいますが、業者の場合には、自ら行える場合が多くコストがほとんどかからないからです。従って、残り期間がわずかな場合でもそのまま車査定に出したほうが得することが多いと言えます。

小さな傷などは修理して出したほうが良い場合もありますが、車検の場合には買取業者さんでやってもらったほうが良いようです。最近では、車査定一括サイトなどがありますので、比較的容易に複数の買取業者から見積もりを取得し、最高値を提示した買取業者で売却することができます。

査定の際に、車検時期が迫っているが、どうすればよいか相談するのも良いでしょう。買取業者のほとんどが整備工場を持っていますので、ほとんどの買取業者はそのまま査定に出してくださいと回答するでしょう。それよりも、車査定一括サイトなどで有力な買取業者で査定額を競ってもらったほうが、よほど高額査定の可能性は高くなります。