車買取の手続きの流れについて

車買取の際には申し込みから引き渡しまでに様々な必要書類を提出し手続きをしなければなりません。

初めての場合は戸惑うかもしれませんが、ここでは車買取の手続きの流れについて詳しくまとめています。

車買取と手続きについて

車買取の際の手続きを、スムーズに進めたいと考えた場合、必要な書類をしっかりと用意しておく事が大切です。買取をして貰う際に必要になってくる書類は、自動車検査証と印鑑登録証明書、自賠責保険証明書、そして自動車納税証明書、実印、振込口座に関する情報、リサイクル券等です。

印鑑証明書は2通必要になる為、枚数等もしっかりと確認しておく事が大切です。ただ、中には、手元に残っていない書類があるという人もいるでしょう。自動車検査証は、陸運局に連絡をすれば再発行が可能ですし、納税証明書も再発行をして貰う事が出来ます。ですから、車買取を考えたら、これらの書類をしっかりと揃えておく事がお勧めです。

買取の為の査定を受ける段階でも、自動車検査証は重要になってきます。ですから、書類は言われてから揃えようと考えるのではなく、買取をして貰おうと考えた段階で、自動車に関する書類等についてもしっかりと確認しておく事が大切です。

特に、定期点検整備記録簿は、車買取の最終的な手続きの際に必要となる書類ではありませんが、査定額に影響を与える書類の一つです。車買取を考えたら、まず車の状態を意識する人は少なくないでしょう。ですが、それと同時に、必要な書類も確認しておく事が大切です。

車買取りの手続きの流れについて

車買取りの流れと手続きについては、乗っている自動車を中古車買取り会社に持って行くことから始まります。自動車を買取り会社に持って行くと、スタッフが査定をしてくれます。査定してくれている間に売り主に対して問診の書類が手渡され、記入してもらうように言われます。

内容については、修理歴・事故歴がないかなどが記載されているのですが、査定員が自動車の隅々なで確認しているので、記載に嘘を書いていても見抜かれる場合が多いので注意が必要です。問診を記載して、査定員が自動車の査定をすれば、自動車の相場を確認して、査定についての説明・見積もりの提出が行われる流れになります。

見積もり金額に納得できるのであれば、契約書にサインして売却することになるのですが、納得することができなければ、契約書にサインしなければよいだけです。中古車買取り会社に自動車を査定してもらい買取りしてもらう手続きについては、どこの中古車会社に持って行っても変わりません。

高額売却するためには、査定してもらっても契約書にサインせずに、複数の中古車買取り会社に査定してもらうことが大切です。複数の買取り会社に査定してもらうことによって、自動車の相場価格がわかってきますし、安い値段で見積もりを出している会社も見抜くことができるからです。

車買取の際の売却手続きについて

車の売却が行える車買取店があります。車の売却手続きを行うためには、手順や必要になってくる書類について確認しておくことが最適です。近くの車買取店を探してから査定を受けることになりますが、査定を受けるときには書類として自動車検査証や身分証明書が必要になります。

保証書や整備手帳、分解整備記録簿についても、なるべく用意しておいた方が良いでしょう。車買取店において担当のスタッフによって査定を受けた後に、売却についての説明を受けることになります。
売却を検討している愛車のポイントや、売却を希望している時期などの要望を伝えます。

車買取店のスタッフが提示を行った買取価格について納得できる状態になったときに、売却の契約が行われることになります。車の引き渡しを行って必要な書類の提出を行うことで、売却手続きが完了します。買取が行われた代金については、指定の銀行口座に振り込むことで支払ってもらえます。

その後に、名義の変更や末梢登録についての報告を郵送で知らせてもらうことになります。中古車売却の際に必要になってくる書類としては、実印や印鑑証明書、自賠責保険証、納税証明書、リサイクル券などを用意しておくことになります。

手続きから考える個人売買か?車査定を行う業者か?

車を売る方法はいくつかありますが、多くは車査定を行う業者に依頼する人が多いでしょう。また個人売買で車を手放す人もいます。友人に売る方法や、オークションで売買する方法などがあります。前者は車にそこまで詳しくない人、後者は車に対してある一定の知識を持っている人が通る道になることが多いです。

それほど車の売買というのは専門的な知識や、複雑な手続きが多いのです。特に面倒に感じるのが手続きになります。車を手放すことを決めたら名義変更や必要書類をそろえなければなりません。必要書類は所有者が揃えることになりますが、名義変更などは特に面倒なことになります。

少しでも怠ったりすると税金にも関わる問題になって後でトラブルを抱えることにもなりかねません。すでに車を手放したのに、まだ税金の請求が来るといったことがないようにしっかりと対応をしたいものです。

余計なトラブルに巻き込まれたくないのであれば、個人売買で車を手放すよりも、車査定を行う買取業者に任せた方が安心です。また車査定をしっかり行ってくれますので、適正価格で車を手放すことができます。面倒なトラブルや手続きが嫌だという場合は、買取業者に依頼するようにしましょう。

車査定の流れと手続きに必要な書類

車査定を行ってもらうには様々な手順を踏まなくてはなりません。また、その為には必要な書類も数多くありますので、ここでは車査定の手続きの流れと、必要な書類についてお伝えをしていきます。流れとしては、まずは車査定をしてくれるお店を探しましょう。

そして1つの店舗ですぐに決めてしまうのではなく、いくつかのお店で査定をしてもらい、最も高額で買い取ってくれるお店で手続きを進めていきましょう。また査定に必要な書類は自動車検査証と身分証明書になりますので必ず準備するようにしてください。あった方が良い書類は保証書、整備手帳、分解整備記録簿になります。

これらの書類を準備して査定をしてもらい、査定額に納得されたのであれば契約となります。契約の際に必要なものは実印、印鑑証明、自動車検査証、自賠責保険証、自動車税の納税証明書、整備手帳と取扱説明書、住民票が必要となります。

印鑑証明書に関してはお店によって必要部数が異なり、1通の場合もあれば3通必要な場合もありますので、各店舗で確認そしてから準備するようにしてください。以上が車査定から買取の契約手続きまでの流れと必要な書類になりますので、しっかりと準備をしてから行うようにしてください。