車買取の相場と傾向の調べ方について

車を売る時は販売業者や買取業者に持ち込み、査定金額を出してもらいますが、正直な話買取相場というものは素人には分からない為、査定金額が高いか安いかはわかりません。

ここでは車買取の相場と傾向の調べ方についてまとめています。

車買取の際に設定されている相場とは!

中古車買取りは中古車を取り扱う業者により、買取りがされます。買取り専門業者、中古車販売店、新車を取り扱う正規ディーラーなどが主でしょう。これらの業者間で流通の過程で儲けが出るように相場として中心価格を設け、買取り相場を参考に中古車買取をしています。

中古車取り扱い業者のみが持つ、年度別相場表があり、車種と年式にグレード別に相場が設けられ、走行距離や搭載オプションにボディーカラーなどの点で考慮され、買取り査定が決まります。業者は、見積もりをすると同時に、転売での利益がいくらになるかを同時に考えて買取をしているでしょう。

とくに走行距離が少なく、年式が若い中古車が中古車買取で高値が付くでしょう。相場があくまでも業者間売買での利益確保が目的として設定されているとすれば、本来その車が持つ価値ではなく、相手の儲けを考慮して買取がされていることになります。

例えば、買取り店が付けた価格よりも高くても価値を見出し、購入したいという人は必ずいるはずです。しかし、相手とのトラブルや複雑な手続きを考えると個人売買は難しいです。そこで、少しでも多くの業者に見積もりを依頼し、一括査定により、業者間の競争をさせることで高値を引き出しましょう。

相場を知って車の買取サービスを利用する

車の相場は、日々変わっています。車を売却することを考えているドライバーは、買取サービスを利用する際には、相場を知っておきますと、愛車の価値を知ることができ、売却がスムーズに出来るようになります。買取サービスを行っている業者は、中古販売店が多く、直接交渉を行っている所やオークション業者と提携している所など色々なタイプの業者があります。

サービスの利用者が売却益を高めたいと考えている場合には、オークション業者と提携している業者よりも直接交渉を行っている業者のサービスを利用した方が良いです。その理由は、売買を行なう過程で色々な業者が間に入ってしまいますと、それだけ手数料が発生してしまい、売却益が減ってしまうからです。

同じシリーズの車でも年式やカラーリングが違うことで、価格差が発生してくることは多々あります。相場を確認することは、これらの要素を考慮することができ、条件の良い時期に売却を行なうタイミングを計って売ることが可能になります。

買取業者の選択と車の相場の確認を確実に行っていくことで、車を高く売れるようになります。業者を探す場合には、地元を中心に探すことが大切です。遠い場所ですと、運送費などが掛かってくる恐れもあるからです。

車査定の相場は季節によって変動

愛車を手放す時には、愛着があるので、悩んでしまったり、決心するまでに時間がかかってしまうことがあります。また、少しでも高く売ろう思って、車査定の価格が高くつく時期はいつなのかと、高値買い取りを狙う気持ちも出てきます。車を査定してもらうタイミングで、相場が変わり、実際に売れやすい時期とそうでない時期があると言われています。

車を買う時には、お店に行ってじっくり探したいものなので、お正月休みやお盆休みを利用して探す人が多く、需要が高い時期と言えます。また三連休が多い月も、販売店に行って、車を探しやすい時期と言われています。ボーナスをあてにして買ったり、ボーナスが出たら買おうと思っている人も多いため、ボーナスの前後は需要が高いと言われています。

また、車が急に必要になることがある、春の転勤や就職の季節にも、需要が高まることが多く、季節的な変動はあるようです。しかし、車は時間がたつほど、車検の時期が近付いたり、年式が古くなったりしてしまうので、車査定の相場が下がってしまうこともあります。

売れやすい季節を狙って待っているよりも、早く売ってしまった方が車査定の価格が高かった、ということは良くあることなので、売りたいと思った時に、車査定を受けるのが、賢いのかもしれません。

車査定では相場の傾向がある?

最近は、エコカーやコンパクトカーが人気がありますが、価格が下がってきているハイグレードな車なども人気があり、相場の傾向を読むのは難しくなってきていますが、車の品質や設備、機能性が向上しているため、多くの車に価値があるようになってきています。

次に車を買う時には、燃費が良い車を、と思う人がとても多いので、中古車市場の相場でも、燃費の良いエコカーやコンパクトカーなどは、大変人気が高い傾向にあります。また、軽自動車も、燃費が良いことに加えて、品質や性能が大変向上しているため、車査定では、価格が落ちにくい人気の車になっています。

車査定では、新車に近い車の人気が高いと思われがちですが、海外市場を考慮すると、日本車は大変性能が良く、価値を世界に認められているので、需要が多く、少し年式が古かったり、事故歴のある車でも、修理をしたり、修理部品として大変人気があるため、海外への販売ルートを持っている専門の買取業者に車査定を依頼すると、思っていたよりも高く買い取ってくれることがあります。

どの車でも、専門業者なら、価値を正しく判断してくれるので、たくさんの車を扱っている、車買取の専門業者に査定を依頼してみることをおすすめします。

車査定に利用される車種別相場とは?

車査定を行うときに重要になってくるのが、車種別の相場です。相場表を元にして査定士は査定を行っていきます。インターネットなどを使った簡単な車査定は、この相場に従って算出されたもので、実際の車査定でも、ある程度それに近い価格となるはずです。

もちろん、実際の車査定では、さらに詳細に車の状態を確認し、プラス、マイナスをつけたり、買取強化キャンペーンなどを行っているときは、さらに上乗せされることになります。ところで、この車種別の相場とは、何を基準に決められるのかというと、業者間で行なわれているオークションの落札価格が基準になっていることを知っている人は少ないと思います。

買取業者は買い取った中古車をそのまま自社で販売する場合もありますが、その多くは、このオークションに出品されます。そこで得たお金が収益になりますので、買取価格はそれより低い価格になります。買取業者によって、相場よりも20%態度安い価格にするのか、それとも高価買取で10%程度安いお金にするのか違います。

これが買取業者によって買取価格が大きく違ってくる理由です。どの買取業者が最も高値を付けてくれるかは誰でもわかりませんので、まとめて複数の業者から査定してもらうことが高値買取の最も有効な手段となります。

消費税が与える車査定への影響と相場

中古車を売買する車の所有者にとって、消費税の増税は様々なところで影響を与えています。中古車市場の規模は拡大を続けており、新車以外の車の購入の選択肢となっています。消費税は、車を購入する時の実売価格に掛かってくる税金ですので、従来よりも中古車の販売価格が上がってしまいます。

中古車の自動車取得税は、新車の自動車取得税よりも割安になっていますが、消費税増税の影響の方が大きいです。中古車の相場は、車種や年式などによって変わってきます。しかし、消費税が上がったことで、実質的な販売価格も上がっています。一方で、車の買取価格には影響は無く、中古車市場での車の相場に合わせて業者は設定しています。

車の買取サービスや下取りサービスでは、車査定を行っています。車査定によって、車の動作状況やボディなどの状態を確認していきます。車査定での車の評価は、買取価格に反映されていきますので、車査定に出す前に車のメンテナンスを行っておきますと、査定で評価が下がってしまうリスクを避けることが出来ます。

メーカー純製のオプションや推奨のオプションが付いている場合には予め申請しておきますと、査定評価が高くなることがあります。社会的な環境の変化によって、中古車市場の相場は変動していきますので、相場の動向を日頃から確認しておいた方が良いでしょう。

車査定で相場が下がる時期について

車の価格は、中古車市場での需要と供給のバランスによって決まります。欲しい人が多くて、人気の車が少ない場合は、価格が上がる傾向があり、車はたくさんあるけれど、欲しい人が少ない場合には価格が下がる傾向があります。また、同じ車種でも色によって相場が違い、人気のカラーは高いけれども、不人気のカラーはそれよりも安くなることが普通です。

車査定を受けるときに、相場が気になりますが、下がる時期があるので、気を付けてください。相場が下がりやすいのは、車のモデルチェンジが行われるときで、発表後に下がっていきますが、発売後にはもっと下がる傾向があります。売ろうと思っている車のニューモデルが発売されるというニュースが流れたら、車査定を早く受けた方が良いかもしれません。

また、季節的に需要が高まる車は、季節的に需要が下がる車とも言えるので、たとえばオープンカーは夏には好まれますが、寒くなってくると、相場も下がってきます。逆に四駆の車は、寒くなってくると需要が高まりますが、暖かくなってくると需要が落ちるため、価格も落ちてくることが多いのです。

車査定を受けるときは、この時期まで待つというよりは、考えているなら、この時期に間に合うように早くすることをおすすめします。

車査定は相場よりも見積もりが大切

車の売却値段はある程度決まっています。しかしその値段は常に変動していき、現在高く売れるという車であっても今後同じ値段をキープすることは非常に少ないです。また車種によって季節によっては高く売れることもあります。車査定を受けて売却をしたいのであれば相場に常に敏感になる必要があります。

最近の車査定サイトでは、一括で自分が所有する車の売却価格を知ることができます。なるべく高く車を売却する方法として車査定を受ける買取業者を多く回るのが鉄則ですが、そのようなサイトがあれば楽に価格を知ることができ、スムーズに実車査定まで運ぶことができるでしょう。

相場の価格より上下変動することが多い直接の目視による査定になりますが、相場で高く評価した買取業者で実車査定すると高く売れる可能性がぐっと高まります。実車査定が行われた後、見積もりが発行されることになります。

よく勘違いされるのは相場価格が見積もり価格と同じという認識で一括サイトなどで相場を知った後、直接査定を受けた後に金額が変動することです。車を売るということは見積もりが発生するまでは安心してはいけません。最終的にお金に変化するまでは安心できないのが車の売買になります。

相場によって変わる車査定の売値

車を売却する時に参考になるのが相場です。車査定を受けるときには、買取店も相場を参考にしているため、売値に反映されることが多いので、事前に調べることで、大体の売値を知ることができます。ファッションに流行があるように、車にも流行があるので、最近の動向を知ることもできます。

少し前までは、高級セダンやRV車など、デザイン性が重視され、人気もデザインの良し悪しで決まる面がありましたが、最近は、デザイン性に加えて、エコカーの発展によって、燃費の良さなども大きな要素となっています。

車の価格は相場によって変わるため、車査定を受けた時期によって、変動することがあります。一般的には、お盆休みや9月の連休、お正月休みのときには、ボーナス後ということもあり、車の購入するために見に行く人が多く、売れやすいと言われています。

この時期に合わせて、車の在庫を用意するために、その一か月から二か月前に、中古車の相場が高まる傾向があります。同じ年式や型式でも、人気のモデルがあったり、人気のカラーが高かったりと、その車によっても、変動幅は違って、値段が落ちにくい車や落ちやすい車などもあります。

大体の相場を調べたり、買い取り専門店の車査定を受けて、自分の車の価値を確認すると良いでしょう