傷のある車は車買取時どんな扱いになるのか

当然の事ながら車を売る時は綺麗ならば高く売れますし、傷や汚れがある場合は査定額が低くなります。

ここでは傷のある車は車買取時どんな扱いになるのかについてまとめています。

傷のある車も車買取店に売却できる

車の買い替え時期などにおいて愛車を売却したいと考えたときには、できる限り高い値段で売却したいと考えている人が多いでしょう。中古車であっても新車に近い状態のほうが、良い値段で売却することが可能であると言えます。

車に傷がある場合には、事前に修理をしたほうが良いのか迷うところでしょう。しかし、車の傷を修理したときには修理費用がかかってしまいますので、かけた費用を上回る買取価格となるかどうかはわかりません。

また、車買取業者には修理工場を自社で持っていたり、修理のための工場と提携をしている車買取業者であれば、一般的な買取店と比較しても修理に関して費用を削減できますので高い値段での買い取りが可能になります。

ですので、傷のある車を売却するときには、修理業も行っている車買取店がおすすめになります。近年では査定を無料で受けられるサービスを行っているところもありますので、複数の業者の査定を受けることで良い値段で買い取ってくれる業者を選択できます。

車買取店で自分の愛車を売却するときには、査定員がどのような部分についてチェックするのかを把握しておくと良いでしょう。傷以外の部分においても、走ったり曲がったり止まったりといったような自動車の性能部分について問題がないか大切なポイントになります。

軽自動車を車買取に出す時に知っておきたい傷の事

新車販売の多くは軽自動車と言われている昨今ですが、それだけ軽自動車の需要が高いという事です。そして中古車でも同じように人気がありますし、車買取でも需要が高いという現状です。その為、車買取に出す際にも高値に期待ができると言えますが、より高く売る為にも知っておきたい事があります。

それは傷の状態に関してですが、当然の事ながら傷は無いに越した事はありません。やはりダメージがある事で購入者にも敬遠されてしまう恐れがありますので、車買取業者の方でもマイナス査定を付ける事が殆どです。それゆえ査定に出す時には極力傷対策をしておく事が大切ですし、その為にも消せるようなら消しておくと良いでしょう。

ただし下手な消し方をすると逆にマイナス査定になるような事もありますので、あまり過度にお手入れをする事だけは避けた方が良いと言えます。特に大きなダメージの場合、素人では綺麗に隠す事は難しいとされていますので、極端に目立つ状態の場合は敢えてそのままにしておいた方が結果的に良い事もあるのです。

ちなみにプロに直してもらう事だけは避けた方が良いでしょう。プロに直してもらった場合、費用の方が高く付きますので却って損をしてしまう事になるのです。

傷のあるオープンカーの車買取について

車の中でもオープンカーは、スポーツカーならではの軽快さと、オープン時に風と一体になれるような爽快さも併せ持っているため、若い人から年輩の人まで広く親しまれています。そんなオープンカーも長く乗っていると、傷が付いたり、車体やエンジン等が劣化し、いずれは手放さなくてはならなくなります。

そんな傷が付いた愛車を少しでも高く、業者に車買取してもらうために、いくつかのポイントがあります。それが現在乗っている愛車をあまり乱暴に乗るのではなく、大切に乗るということです。荒々しい乗り方をすると、それだけ車体に負担がかかり、車買取時の査定に影響します。そのため、急発進、急ブレーキ、急ハンドルを極力避けた運転をした方が良いでしょう。

また、マメにオイル交換等をするだけでも車買取時の査定が大きく異なります。そのため、できるだけ、走行距離が3000kmを目安にオイル交換すると、たとえ、走行距離が10万kmを超えていたとしても、車の内部は比較的良い状態で保たれるため、査定の際には思った以上に高額で買取ってもらえることとなります。

これらの点を押さえ、事故もなく、大切に乗り続ければ、やがて来る愛車を手放す時にも損をすることなく売却することができます。そのため、マメに愛車をメンテナンスをすれば、車体価格を落とすこともなく、安全に乗り続けることもできます。

車査定の時に掃除と洗車をした方が良い?

車査定を受けるときに、少しでも高く売りたい人が多いですが、高く売るために自分でできることを実践している人は意外と少ないのが現状です。しかし、簡単な掃除や洗車で、買い取り価格が変わることがあることを知っていれば、車が汚いからと車査定が下がることを防ぎ、買い取り価格が上がる可能性もあるので、掃除と洗車はおすすめです。

車がきれいだと、買取業者は、洗車や掃除の手間をかけることがなく、その分の手間賃や人件費を節約することができるので、買い取り価格に反映されることがあります。また、車がきれいということは、車を大切にしているということなので、汚いよりはずっと印象が良く、同じ車でも買取価格が高めになることが期待できるのです。

車査定を受けるときには、外装や内装の汚れについてもチェックされますので、外装はきれいに洗車をしておくことをおすすめします。内装も、車内に掃除機をかけたり、軽く拭いてほこりや汚れをとったり、ガラスをきれいにしたりすることで、とてもきれいになるので、印象がアップします。

また、忘れがちなトランクにも、掃除機をかけると、大変きれいになりますし、トランクもきれいにしているということは、大切にしているのだな、と判断してもらえるかもしれませんので、おすすめです。

車査定が低額となってしまう原因とは

車査定は車種が同じであればどれも一定になるわけではなく、様々な条件が考慮され違う数字となります。業者が望ましいと思う条件を多く満たしている車は高く査定されますし、そうでない車は安く買い取られてしまうのです。こうしたことを考えると、車を売却する前にはできるだけ高く買い取ってもらえるよう策を講しておくのが得策と言えます。

車査定が低額となる原因の一つに、車の状態があげられます。例えばボディなどの外観に傷が見られたり塗装が色あせているなどの場合には、査定額も下がってしまいます。普段からボディの状態を維持できるよう、気をつけて運転することが高額査定への近道となります。

さらに駆動系や足回り系の劣化に関しても、業者では厳しくチェックします。山道などの状態の悪い道路を走っていた車はこうした箇所の劣化が進みやすいので、査定が低くなる可能性があります。

車内の状態が悪い場合にも、車査定は低額となってしまいます。車内でタバコを吸うと、臭いが染み付いたりヤニによって内装が黄ばむことがよくあります。これはマイナス査定とされるため、買取額も下がることが考えられます。食べ物をこぼした跡なども評価を下げる原因ですので、時間が許すなら一度きれいに清掃してから買取店へ持ち込むのも一つの方法です。