事故歴のある車は車買取可能なのか

自動車事故を起こしてしまい、一部が損壊してしまった車を処分するのはもったいないけど車買取に出すことは可能なのかどうかを悩んでいませんか?

ここでは事故歴のある車は売ることが出来るのかについてまとめています。

事故車の車買取について

大切な愛車だけれども、見ただけでもう使い物にならなそうな状態が悪い車や、修理をするか廃車にするか悩んでいる車など、事故車の扱いに困っている人には、車買取の専門業者の査定を受けてみることをおすすめします。

修理の見積もりを出したり、驚くほど高い金額が提示されたり、だったら売ってしまおうと思ったら、マイナス査定や廃車費用がかかると言われてしまうこともあります。引き取りを拒否されるケースもあるそうです。

しかし、世界の市場を見てみると、日本車は大変高性能で品質が良いため、たとえ事故車であっても欲しいという人がいて、安全に乗れるように修理することができる、車買取専門業者なら、修理と販売を自分のところでできるため、価値がつくと言われています。古い事故車でも値段がつくことが期待できるので、おすすめです。

また、破損がひどい場合や、不動車で合っても、専門の車買取業者なら、解体することができるので、部品を組み替えたり、修理部品としてパーツを取り扱うこともできます。

世界中で需要の高い日本車は、修理のためのパーツの需要も高いため、ひとつでも高値がつく貴重な部品があることもあります。事故車を扱っている専門の車買取業者に相談して価格が付けば、廃車費用も必要なくなります。

事故歴があっても車買取可能です

愛車が事故にあってしまい、乗れないほど壊れてしまったり、修理金額が高かったりした場合には、廃車にすることを考える人が多いのですが、事故歴があっても、車買取をすることができるかもしれないので、車買取の専門業者に査定を頼んでみることをおすすめします。

また、車の買い替えを考えている時も、事故歴があると、価格が下がってしまうと思って躊躇しがちですが、車買取の専門業者なら、しっかりと価値を見極めて査定してくれるので、おすすめです。

車買取の専門業者は、自分たちで修理をしたり、パーツ販売のルートを持っていたりするので、たとえ事故歴のある車であっても、直して安全を確認してから販売したり、利用できるパーツをしっかりと選んで、再利用したりすることができるので、安心して任せられます。

小さな部品でも、価値があるものには値段を付けてくれるので、価値があるパーツが多ければ、事故車でも値段を積み重ねることができるのです。

大きな事故にあった車は、廃車にすると廃車費用が掛かったり、手続が大変だったりして、手間もお金も時間もかかりますが、車買取専門業者に頼むと、車の移動から、査定まで、やってくれて、廃車費用がかからない上に、値段がつく可能性があるので、相談してみることをおすすめします。

車買取の時の事故車の定義とは

車を売ろうと思った時に、ぶつけて直したことがある車や事故にあったことがある車をお持ちの方は、自分の車が事故車だと思い、車買取金額が安くなってしまうと思いがちですが、車買取の時の事故車とは、単に事故にあったことがある車、という意味ではありませんので、注意が必要です。

事故車の定義は、車の骨格部分に、損傷や欠陥があること、ですので、ボンネットやドアが何かに当たったことがあっても、事故車にはなりません。フレームやインサイドパネルなどが損傷したことがある車は事故車になります。

ポイントは、傷やへこみなどの損傷で、軽度の修理によって自走可能な場合は、大丈夫、ということです。傷やへこみができる程度の軽い事故で、内部の骨格部分に損傷がなかった時は、たとえ車同士がぶつかったとしても、車買取の時には、事故にあった車とはカウントされません。

この定義を知らないと、事故にあったことがあるからと言って、買取金額を下げられても気付かないことがあるので、しっかりと理解しておくことをおすすめします。また、軽度の事故にあったから、車の値段が下がると思いこんで、がっかりしすぎないようにするためにも、定義をしっかり理解しておくことがおすすめです。

事故歴がある車の車査定

車が事故にあってしまい、破損してしまった時には、廃車にするか、修理をして乗るのか悩むことになります。直して乗ったとしても、また、時間がたつと、エンジンから変な音がして不安になったり、電気系統のトラブルがでて、再修理になることがあり、結局、思ったよりも高額な修理代がかかることになることもあります。

また、心理的にも、事故の記憶がある車に乗るのが、段々嫌になってくることもあるので、事故歴がある車は、一度車査定に出してみることをおすすめします。

一般的に事故歴がある車は、車査定をしても、価値が低く、買い取り価格が低かったり、場合によっては、マイナス査定や廃車費用がかかることも多いのですが、事故歴がある車を扱っている専門の買取業者に車査定を依頼すると、廃車と思っていた車でも思わぬ価格がつくことがあるのでおすすめです。

専門業者は、安全に走行できるように直して、日本車の人気が高い地域に販売するルートを持っていたり、解体して部品を修理部品として販売する手法を取っていたりするなど、事故車の販売ノウハウを持っているため、破損の程度が大きい車でも、価値を見定めて価格を付けてくれるのです。廃車代金がかからず、お金になるのなら、次の車を買うことも楽になります。

あこがれの輸入車が事故車の車査定

欧州車やアメリカ車の輸入車は、車好きに限らず人気の的となっている車種が多いものです。オークションや中古販売で輸入車を購入すれば、新品よりも安く手に入りあこがれの外国車オーナーとなれるわけです。しかし、輸入車のオーナーという気分的なステータスを満足させたとしてもお金に余裕が無いと維持していくのが大変な場合があります。

また、海外から仕入れたオークション品は修復されていれば国内よりも事故車かどうかの判断が難しいのが現状です。買い替えまたは新たに購入する場合、外国車の車査定は年式、型式、人気度に応じて国産車より上限下限の開きが大きいのが特徴です。

外国高級車であれば、それなりの車査定を期待できますが、ビンテージまで行かない生産台数の多い外国車や事故車の場合は車査定額がつかず廃車になる場合もあります。輸入車を維持する上でも、スムーズに運ばないのが部品の発注です。

多少古い型の外国車であった場合、現地メーカーにマッチする在庫があるかどうかも疑問です。事故車の場合も度合いに寄りますが、塗料も国産とは違った色や配合がされていますので修復に金額がかかることも請け合いです。部品だけ取るという目的であれば、事故車でもオークションなどで購入することも良い選択となります。

車査定とオークションの関係、事故車も売れる?

買取専門店は買取った車を自社では販売せず、中古車販売業者間で行われるオークションに出品して利益を得ています。そのために、買取専門店での車査定の基準、すなわち買取相場というのは、このオークションの落札価格の平均を元に算出されています。たとえば、落札価格の平均が100万円であれば、車査定の基準は60万円~70万円という具合です。

車査定の基準は買取店独自のものですから、利幅を少なくしてでも売れる車をしっかり買い取ることを第一と考える買取店もあれば、少しでも安く買い取りたいと考えている買取店もあります。そのことは一般の人にはわかりませんから、1社でも多くの買取店から車査定をしてもらうのが大切になるわけです。

ところで、事故を起こしてしまった車の買取は可能なのでしょうか。販売されている中古車の情報欄には、修復歴の有無が記載されています。見ていると、かなりの事故車が含まれていることがわかります。このことから、事故車でも買取が可能であることがわかります。

しかし、事故車を積極的に買おうとする買取業者は多くはありません。修理して売ることになるわけですが、修理費用を差し引いて、それに見合った利益を上げることができると判断された場合に買取が可能となります。