車買取がお得になる時期はあるのか

どんな商品でも繁忙期と閑散期がありますが、車を売る場合、繁忙期に売ることでお得になることはあるのでしょうか。

ここでは車買取がお得になる時期について詳しくまとめています。

車買取でお得な買取時期は?

車を売るときには、できるだけ高く売りたいので、高く売れる時期があるならその時に売りたいと思うのが普通です。車買取には、時期によって価格が変動する傾向があり、ボーナス時期のあとで連休があるときと、ディラーの決算時期にも車が売れやすいと言われています。

この時期をめがけて、車買取業者は、在庫を増やしておこうとするものなので、車が良く売れる時期の少し前が、お得な買取時期と言えるかもしれません。しかし、お得な買取時期を意識するあまり、売り時を逃してしまうこともあるので、注意が必要です。

2月頃に売ると良いと思って、12月から待っていると、年式が古くなってしまうので、買取価格が下がってしまうことがあったり、7月に高く売れるまで待っていたら、車検の時期が迫っているので、とマイナスになってしまったりすることがあるので、売り時は、できるだけ早い方が良い場合も多いのです。

また、夏にはオープンカーが売れやすく、冬には4WDが売れやすいといって、待っている間に、タイミングがずれてしまうと、売れ時が1年先になってしまう可能性もあります。車は、時間がたつほど車買取価格が下がるものだということも頭に入れて、買い取り時期を決めることがおすすめです。

車査定に有利な時期はいつ?

愛車を売ることを考え始めたら、誰でも少しでも高く売りたいと思うものなので、売却するのに有利な時期を知りたいものです。一般的に、季節的に売れる車は、オープンカーや軽自動車で、オープンカーは、夏前に売れやすく、軽自動車は、転勤や就職シーズンで急に車が必要になる人や子どもが入園したり入学する機会に送迎のことを考える人がいる春頃に売れやすくなると言われています。

また、普通車は、ボーナス払いを視野に入れて、初夏や初冬に検討する人が増え、お盆休みやお正月休みを利用して購入する、という人も多くいます。販売会社は、手続きや整備、修理などのことを考え2月前ほどから、在庫集めに本腰を入れるので、そのことを考慮に入れた季節が、車を売却する有利な時期の可能性があると言えます。

しかし、車は時間がたつほど、車検の時期が近付いたり、年式が古くなったりしますし、ニューモデルの発表があるかもしれないので、価格が落ちてしまう可能性もあります。

悩んでいて、一カ月後に申し出たら、車査定の金額が下がっていた、ということはよくある話なので、少し高く売れるかもしれない時期を狙うよりも、まずは、車査定に出してみることをおすすめします。車査定をして、自分の車の価値をおおよそ見極めたら、早めに依頼するをおすすめします。

売却時期と車査定について

車を手放そうと思ったら、車の売却時期は、いつが良いのだろうと考えますが、車は売れやすい時期があるので、参考までに知っておくことをおすすめします。車は、ボーナス時期の後に売れやすいと言われています

。6月と12月のボーナスの後の、連休やお盆休み、お正月休みに車を探して購入する人が多いそうです。9月の大型連休も好調だと言われています。車を買う人が多い時期には、車を仕入れておきたいために、中古車の買い取りは、春や秋に価格が高くなる傾向がありますので、車査定を受けるなら、その時期か少し前あたりが良いと考えられています。

車査定を受ける場合には、少しでも高く売りたいので、高く売れる売却時期があるなら、その時に売ろうと思う人が多いですが、車査定を受ける時期を延ばしてしまうと、年式が古くなったり、車検時期までの期間が短くなってしまったり、人気車種の場合は、流通量が急に増えて短期間で値が下がってしまうこともあります。

高く売ろうと思って待っていたのに、下がってしまうことがあるので注意が必要です。プラス要素とマイナス要素を考えて、マイナス要素が多いと思われるときには、早めに車査定を受けて、売却してしまった方が良い場合も多いのです。

車買取後に名義変更を行うべき時期

車買取は金銭を伴う車の譲渡であるため、譲渡後に運輸支局や軽自動車検査協会に名義変更の手続きを行う必要があります。道路運送車両法で名義変更の手続きが必要な時期が「車の譲渡が行われた日から15日以内」と規定されているからです。この手続きを行わなければ法律違反として罰則の対象となるので、譲渡後はすみやかに名義変更を済ませましょう。

車の名義変更は、旧所有者本人と新所有者本人が手続きを行わなければならないことが原則ですが、委任状があれば代理人が行うことができます。委任状を使わないと旧所有者と新所有者双方の日程を調整しなければならず、すみやかに手続きを行うことが難しいです。

しかし、新所有者が旧所有者からの委任を取り付けておけば、新所有者のみで譲渡後の手続きを行うことができます。新所有者が手続きの一切を行えば、旧所有者に迷惑をかけることなく、すみやかに手続きを済ませることができます。

なお、車買取店に車を買い取ってもらった場合は、名義変更手続きをすべて車買取店で行ってくれることが多いです。店側は手続きの一切を任されると、手続きが完了した後に完了通知書を車の売り主に対して送付します。この完了通知書が送付される時期は、買い取られた車の次の所有者がいつ決まるかによって異なります。

車買取と経過年数の関係について

いつも新車に乗っているから、車買取は関係ないと思っている人や、まだ一度も車買取店で査定をしてもらったことがないという人には、ぜひ、車買取専門店での査定を受けてみることをおすすめします。テレビコマーシャルや街の看板でよく見かける車買取ですが、本当に高く買い取ってくれるのかどうかは、査定に出してみると良く分かります。

車買取では、車種や走行距離、カラーやグレードの他に、ボディや室内の傷や汚れなどたくさんの要素から値段が決まります。その中でも、重要な要素が、車の経過年数と車の状態です。

どんなに年式が浅くても、状態が悪い車には高い値段は付かず、どんなに状態が良くて、走行距離が短くても、経過年数がある程度あれば、値段は下がっていくものです。経過年数が浅く、走行距離が短い車に高値がつくというのが一般的です。

しかし、経過年数がたっている古い車でも、値段がつかないということはなく、正しく価値を見定めてくれる買取専門業者なら、適正な価格で買取してくれたり、値段がつかない車でも、解体してパーツごとに査定をしてくれるので、一つ一つの部品に値段がつくことになり、結果的には、思っていた以上の金額が付くこともあります。査定を受けるなら車買取専門業者がおすすめです。

車査定で希望する額と現実

車査定を依頼する前には、どの程度の高値が付くのか、楽しみもうまれてくるでしょう。ただし、車の状態によって、希望額に満たない場合もあることは覚えておく必要があるのです。誰でも車査定を依頼したときには、高値を希望するのですが、現実として車の状態が芳しくなければ、その分査定額も低くなってしまいます。

車の走行距離が長かったり、購入してから時間がたっているものは、車の状態も良いとは言えないため、買取額も低くなってしまうのです。また、車に傷があるときには、買取の際のチェックでマイナスポイントとなり、査定額は低く抑えられてしまうのです。車の状態によって、車査定の額に影響を及ぼす現実は知っておくとよいでしょう。

どうしても高い値段で車を買い取ってもらいたいときには、訳ありの車を専門に買い取っている業者が最適となってきます。専門業者では、最初から条件の悪い車を対象としているため、傷があっても問題となることが少なくなっているのです。車の状態について不安を感じている方も、最初から専門業者を利用すれば安心できるでしょう。

車査定を利用するときには、車の状態によって値段が変わってくることとともに、専門業者の利用を検討してみるとよいです。