車買取の依頼に出す時の段取りについて

車を手放すと決めてから売却することになったとすると、買取業者やディーラーに車買取の依頼に出す必要があります。

ここでは車買取の依頼に出す時の段取りについて詳しくまとめています。

車買取の依頼について

車を手放すことを決めたり、車を買い替えようと思ったりしたときには、車買取をしてもらうことになります。買い替えの時には、購入店やディーラーで、下取りをしてくれるため利用する人も多いのですが、買取専門の業者に頼むと、高額査定になることもありますので、車買取専門店でも査定を受けることをおすすめします。

車買取専門店に査定を依頼する時には、どうしたら良いのかと悩む人も多いのですが、まずは、依頼するお店を決める必要があります。どこに頼んだらよいのかわからない場合には、インターネットで、車買取をしている業者を探したり、ホームページから一括査定をしてみると、大体の相場と、お店が付けた値段が分かるので、とても便利です。

その中から、実際に車を見て査定をしてもらう業者をいくつか選ぶことをおすすめします。インターネットの一括見積もりは、同じ条件で値段が付けられるのが良い点ですが、実際に査定を受けると、細かな条件などが加わったり、傷が見つかったりして、買取価格が変わることが多いので注意してください。

査定の依頼は、インターネットで予約するか、電話一本で受け付けてくれます。持ち込みでも出張でも、買取専門店の場合、査定料はかからないことが多いので安心です。

ミニバンを高い査定で車買取

人気のミニバンは次々と新しいタイプの車種が出てきます。それだけ人気が高いということですが、ニーズも若い人から年配の人、ファミリーととても幅広いのです。今やハイブリッドまで出てきており、最新の装備がミニバンに搭載されています。

ミニバンが出た当時は広い室内が特徴で、ファミリー中心に売れていました。広い室内でくつろぐことができ、それでいて乗用車感覚で運転できるというものでした。それから徐々に外観が格好よくなり、エアロが標準装備となり、エンジンもパワフルにスポーティな足回りと若い人にも人気が出るようになったのです。

車種の中には高級グレードも設定され、オプションも豊富に設定され、年配の人にも人気が出ました。またミニバンは中古車市場においても人気があります。車買取の査定も車種やグレードによってはとても高価なものがあります。

車買取のポイントになってくるのは年式と走行距離です。年式は新しい方がもちろん高くなります。車買取にはタイミングがあり、マイナーチェンジやフルモデルチェンジが毎年のように行われるので、それらタイミングによっても車買取の査定は変わってきます。

そして走行距離です。走行距離は街乗り中心で少なければ高価査定となります。一般的に2年2万キロがひとつの目安です。

車買取の段取りと進め方

中古車を売却する場合は、段取りを決めて進めて行く必要があります。まず、売却するタイミングですが、車検前や高値がつきやすい2月3月などがオススメですが、新車への買い換えであれば、納車のタイミングが重要になってきます。通常は2週間前後を見ていれば良いですが、人気車になると3か月以上待たされることもあります。

次に、車買取店に査定してもらう段取りを組みます。最近は、1社だけではなく、複数の車買取店から査定してもらうのが常識になっています。最初のステップは一括査定サイトを通して複数の車買取店に査定の依頼を行います。メールで簡単な見積もりが届きますが、本番はその後です。

本査定は実際に車を見ながら行いますので、見積もりの段階で高値を付けてくれた車買取店を数社選び、出張査定に来てもらいます。通常は車買取店のほうから出張査定の依頼が来ると思います。他社と重ならないように日どりを設定します。査定は一回で終わるものではありません。

数回足を運んでもらいながら、最終的な買取価格が決定します。なぜなら、他社の買取価格よりも高値を付けあい、オークションのような感じになっていくからです。これ以上は出せない買取店から脱落していきますが、最初の査定額よりもかなりの高値になっていることでしょう。

車買取の時に大切なのが営業マンからの印象

買取価格を決定するのは査定をしてくれる営業マンですので、車買取の時には営業マンから高値を引き出すように工夫した方が良いでしょう。やっておきたい事としてまず洗車ですが、洗車は心証を良くする為の基本中の基本である作業と言えます。

誰でも綺麗な車の方が好印象が持てるものですので、洗車を行ってから車買取査定を受けるようにした方が良いでしょう。また、室内も隈なく確認されますので、フロアマットや灰皿、トランクルームなど、隅々まで清掃をしておいた方が安心です。

付属品が揃っている場合も車への印象が良くなります。特に整備手帳はあった方が良いでしょう。車買取をする時に営業マンが気にするのが車の状態ですが、整備手帳があるとどんな状態なのかという目安になりますので、セットにしておいた方が査定も有利になり易いのです。

印象を良くする為に横柄な態度は取らないようにするのもポイントと言えます。車買取の際にお客だからと上から目線で臨んでしまった場合、営業マンも人ですので横柄な態度のお客というのはあまり好まないものです。反対に丁寧なお客ですと印象も良くなりますので、査定をしてもらう時の態度にも気を配ってみる事が大切なのです。

マニュアル車の車買取について

昔はマニュアルの車ばかりでしたが、今はオートマの車が主流になり、オートマ限定免許を取る人も増えてきています。マニュアルを運転する人が減ってきており、簡単に運転することができるので、オートマが当たり前の世代が多くなってきていて、需要が減り、車買取価格が下がってきています。

マニュアル車の中には、今はすでに販売されていない車もあり、珍しさもあって、高価買取されていることもあります。昔大人気だった車の場合は、その車に乗りたくて探していたり、密かなブームになっていたりする場合もあるので、マニュアルだからと諦めずに、車買取に出してみると、思わぬ嬉しい結果になることもあるので、車買取に出すことをおすすめします。

また、四駆車の場合には、ハンドリングを楽しんだり、かっこよさが好まれたりすることがあり、今でも人気があるので、車買取に出して、高額査定が出る可能性があります。海外では、マニュアル車でも欲しいという人がたくさんいるため、古い車でも、車買取専門業者なら、価格が付きます。

販売店での下取りの時には、あまり価値が付かなかった車でも、海外への流通ルートを持っていることが多い車買取専門業者なら、価値が認められることが多いので、査定を受けてみることをおすすめします。

オークションで車買取をしてもらう意味とは

車買取と言えば買取店に持って行ったり、ディーラーに引き取ってもらうのが定番ですが、その他にもオークションで売るという方法もあるのです。そしてオークションでの車買取には大きなメリットがあります。

一番大きなメリットとしては高く売れ易くなる事です。業者に持って行って売る場合ですと、中間マージンを取られてしまう事になりますので、その分車買取の価格は安くなるのが通常です。しかし、オークションの場合ですと中間マージンが取られる事がありませんので、その分高く売れ易くなります。

その為、できる限り高く売りたい時に最適の売却方法と言えます。業者同士の売買になりますので、一般的な買取店では売れない車も売れる可能性があるのもメリットです。オークションというのは数多くの業者が参加していますので、それだけ車買取をしてもらえるチャンスがありますし、それによって売れ難い車でも買取ってくれる可能性があるのです。

車買取をする際に便利なオークションですが、ただ個人では出品する事はできないのです。業者専門となっており、出品する為には代行業者に依頼する必要がありますので、実際に出してみたい時には代行業者探しから始めてみると良いでしょう。