外車を車買取に出す時のポイントについて

多くの人がメルセデスベンツやBMWなどの外車に憧れて購入していますが、いざ手放すとなって車買取に出す時にはいくつかの注意が必要です。

ここは外車を車買取に出す時のポイントについてまとめています。

外車の車買取について

買うときは高かったけれども、売るときは安いと言われている外車ですが、購入した時の喜びや個性的でおしゃれなデザインや高級感あるフォルムを見ていると、やっぱりできるだけ高く売りたい、と思うものです。

国産車に比べて、流通台数が少ない外車は、買取相場が確立しておらず、目安となる価格が分かりにくいため、車買取する店によって、強化基準が大きく異なり、車の価格にも差が出ることが多いのです。

車買取の価格は、売れやすいかどうかで決まることが多く、外車専門の販売店が、高く買い取りするとは一概に言えません。普通の買取店でも、売却ルートがあれば、車買取価格が高くなる可能性があるので、いろいろな所に査定してもらうことが、高価買取につながるほうほうなので、おすすめです。

インターネットで、買取してくれる店を探しても良いですし、インターネットの一括査定をしてみて、高く買取してくれそうなところを選んでから、車を見て査定してもらうのも良いかもしれません。

インターネットの一括査定は、同じ条件で、どのくらいの価格帯なのか、どのくらい差があるのかが分かるので、とても参考になります。業者を選ぶ時の参考にもなりますし、実際に査定してもらって、売却をするかどうかを決める時にも役立つのでおすすめです。

外車買取は専門店が有利

車の売却では下取りを利用する人が多いですが、高値で売却するには買取専門店を利用するのが効果的です。専門店ではそれぞれに特色があり、スポーツカーやRV車など専門がありますが、外車を専門に扱う店舗もあります。輸入車には特殊性があるために国産車を専門に取り扱う業者では買い取りしない場合があります。

外車専門店では車について詳しい知識がありますしメンテナンスが可能ですから、正当な価格で査定を出せるメリットがあります。国産車とは整備性が異なるため取り扱いができない業者もありますが、専用のテスターなどメーカーに合わせた設備が必要になってしまうのが原因です。

中古車市場に流通させる場合でも国産車を専門にしている業者では保証をつけることができない場合がありますが、外車専門店であれば保証を付けて販売することが可能です。整備ができなければ保証をつけることができませんので、輸入車全般に専門店を利用するのが良い方法です。

外車専門の買取店では国内でも知名度の高い車を取り扱っていますので、一般的な外車であれば問題なく買取りが可能です。高額査定を出してもらえるため、国産車が中心の買取業者を利用するよりも好条件で売ることができます。

輸入車の車買取について

個性的でおしゃれなデザインや高級感にひかれて、輸入車を購入する人が増えています。憧れの輸入車を手に入れて、とてもうれしくドライブをしたり、良い思い出もたくさんあるでしょうから、車を手放す時にも、できるだけ高く買い取ってほしいと思う人が多いのですが、輸入車は、購入する時は高くて、売却する時は安い、と言われています。

流通台数が少ない輸入車は、車買取の相場が確立していないため、価格が大きく異なることが多いようです。輸入車専門店なら買取してくれそうだと思う人が多いかもしれませんが、専門店は、売ることが専門なのであって、車買取が専門なわけではないため注意が必要です。

売買取専門店なら、車のことを良く知っている買取専門の業者が、しっかりとした知識のもとで、正しく価値を見極めてくれるので、高価買取が期待できます。また、販売ルートも持っているため、売却することを前提に買い取ることができるのです。

さらに、流通量が少ないため、修理のパーツも不足しがちなので、故障車や不動車、事故車であっても、部品の需要が高く、部品ごとに買い取ってくれることも期待できます。車買取専門店の査定を受けてみると、他との違いが分かると思うのでおすすめです。

輸入車の車査定は難しい?

輸入車は国産車と比べると、中古車の買取価格が低くなる傾向があります。それは年式が古くなってくると、国産車よりも故障の発生率が高くなるということ、また故障した場合の修理代はやはり国産車よりも高くなったり、時間がかかったりすることが理由として考えられます。

しかし、輸入のニーズが全くないわけではありません。国産車よりも輸入車のほうが好きという人も大勢います。だから、安くしか売ることができないと最初から諦めるのではなく、高額な車査定を目指してみることは大切です。高額な車査定を得るコツは、国産車も輸入車も変わりません。

1社でも多くの買取業者から車査定をしてもらい、最も高値を付けてくれそうな買取業者を探すことです。輸入車専門の業者や高級車を専門に扱っている業者もあります。もちろん、大手の買取業者は国産車と同様に買取ってくれます。どの業者が最も高値を付けてくれるかは、実際に車査定を行うまでわかりません。

そこで一括査定サイトを利用して、一度に複数の買取業者から車査定をお願いするのが、最も効率的で、また高い効果が期待できる方法と言えます。簡単な車に関する情報を記入するだけで手続きが完了するのでおすすめですよ。

車査定を受ける前の心構え

車の売却をするためには車査定を受ける必要があります。やはり乗ってきたものですので、高い値段がついてほしいものです。また高い値段で売るためにも、売る側の心構えも重要になってきます。買取業者に自分の車の良さをアピールする、そのような交渉術も大切ですので、是非とも車査定を受ける前はしっかり心構えをするようにしてください。

まず自分の車のどのようなところが良いのか?箇条書きにしてみましょう。そうすると必然的に自分の車の良さがわかってきます。たとえば定期的にエンジンオイルの交換をしてきた、室内は綺麗な状態に保ってきた、一度も修復をしていないというアピールは大変効果があります。

実際そのような向き合い方を車にしてきたのであれば、車の状態も良いですので車査定を受けるときに高い評価になるでしょう。今まで車にしてきたことをアピールするための準備をしましょう。

また車の売る相場というものは常に変動していますので、良い値段が出たらすぐに売るための準備に取り掛かることが大切です。まだ高い値段で売ることができるのではないかと売ることを保留していると、値段が下がってしまうことも十分あり得ますので、売ると決めた時はスムーズに売却できる段取りが大切です。

車査定で高く売るための豆知識

基本的に車を高く買ってもらうためには車査定して自分の車の価値を知っておくことが大切です。間違ってもディーラーで金額を提示されてすぐ決めるなんてことはしてはいけません。まず基本的にどうやって自分の車の価値を調べるのかというと1つ目の豆知識は中古車のサイトや中古車の情報誌を見ることです。

自分が所有している車と同じような年式、走行距離、グレード、色の車を調べます。その販売価格から20から25万円差し引いた金額が下取り価格の車が多いです。そうした下調べをしてから買取業者に車査定をしてもらいます。2つ目の豆知識です。買取業者も同じ人間です。あまり威圧的な態度や相手が不快に思うような態度、言葉遣いは避けましょう

。こういったことは本当に重要です。あとは車査定してもらうときは基本的に車を洗車して綺麗にしておきましょう。中も忘れずに綺麗にしましょう。これだけで印象が変わり査定にも影響します。ほとんどの人は査定をしてもらうのに汚いままで査定してますがそれだけで印象が悪くなり査定金額にも響きます。

査定が終わったらその査定金額を自分で調べた金額に当てはめてみてください。そうするとその査定金額が適正な金額なのかそれとも安い金額なのかが分かります。気をつけて欲しいのは1社だけに査定依頼をするのではなく複数の業者にお願いする事です。

もちろん1社だけでも良いのですが複数の業者に依頼することであなたが所有している車を下取りして在庫にしておきたいと考える業者もいますので複数の業者にお願いすることで適正下取り価格よりも高く買ってくれる業者も出てくることがありますので複数の業者に依頼することをおすすめします。