車買取はディーラーと専門業者どちらが良いのか

車買取を出す場合ディーラーや専門の買取業者など、どこに出すのが一番良いのかは初めてだとわかりません。

ここではディーラーと専門業者、買取に出す場合はどちらが良いのかについてまとめています。

車買取店とディーラーの下取り、どちらがお得?

新車に買い替えるとき、中古車をどうするか考えることでしょう。売却するのか、人に譲渡するのか、それとも廃車にするのかの主に3つの方法から選択することになります。多くの場合、売却することになると思いますが、この売却方法も、新車のディーラーに下取りしてもらうのか、それとも車買取店に売却するのかに分かれます。

ディーラーに下取りしてもらうのと、車買取店に 売却するのとではどちらが良いのかということがよく議論されますが、どちらにもメリット、デメリットがあるので、それをよく理解した上で選択する必要と良いと思います。まず、ディーラーでの下取りは、新車の購入手続きに合わせてできるので、手間がかからないというのが最大のメリットです。

また、不人気車であったとしても、新車と同メーカーの車であれば、それなりの価格を付けてくれる可能性もあります。それに対して車買取店のメリットは、買取価格が下取りに比べると高いという点です。下取り価格を提示すれば、それを上回る価格で買い取ってもらうことはそれほど難しいことではありません。

デメリットは手間がかかると言うことです。新車購入と同時進行で進めていく場合、新車の納入期間が長引くと、売却タイミングもそれに合わせて考えていかなければなりません。

ディーラー車の中古車査定は新車購入を上手く利用

ディーラーの中古車査定は、一般的に低い傾向があります。ディーラーは新車販売を目的とするため、中古車はグループ企業の中古車販売店などと連携を図り、下取りとして行います。新車販売はコミッション収入としてディーラーに入り、毎月の販売目標台数が販売店ごとに設定され、目標クリアを目論んで販売努力をするものです。

下取りは、あくまでも新車販売の時に購入資金に充てる費用という程度としか考えていないでしょう。しかし、購入する側は追加する資金が少しでも少なく済む方法を検討するでしょう。ですが、ディーラーでは他の買取店舗に比べて、買取価格がもっとも低く見積もられるでしょう。

ただ、新車販売が目的のディーラーは、新車を売るために中古車販売グループ企業に交渉を試みるでしょう。この時に、高値で買取を果たすには、まずは中古車一括査定を行うことです。中古車一括査定は、中古車査定を行う、多くの買取店舗に見積もりの依頼を複数社に1度に行うことで、中古車査定が業者間の競争により吊り上るでしょう。

高値を出した中古車査定価格を引き合いに、下取り価格を交渉し、新車購入をさらに交渉の材料として行なえば、高価下取りが期待できるでしょう。

車買取専門店のほうが高値の査定が可能です

中古車買取業者は、買い取りを行った車について業者間の専門のオークションに出品することで差額を利益としています。良い買い取り価格で買い取ってもらうためには、複数の買い取り業者において査定を受けて買い取ってくれる金額を比較することが大切になります。

買い取りの査定を受けるときには、少しでも綺麗な状態にしておいてから査定を受けることが必要です。最低限清潔にしていることによって、少しでも査定が良くなる可能性があります。

一般的な中古車買取店よりも専門的な買い取り業者のほうが、査定を行うスタッフについても専門的な知識を持っている査定員によって調べてもらえることになりますので、自分の乗っている車について正しい評価をしてもらうことができます。

買い取り価格については車種や走行距離、年式、傷がないかどうか、カラーや装備など様々な部分について評価が行われるものとなっていて、人気のある車であれば車買取専門店のほうが高値で買い取ってもらえる可能性があります。

専門店の中には傷がついているものや、事故車や故障車の場合であっても買い取りを実施しているところもあります。海外に輸出することやパーツに分解して、販売をして利益を得ることになります。

持ち込みで車買取を利用する時のコツ

持ち込みで車買取を利用したい時に欠かさずに行っておきたい下準備があります。基本としては洗車を行ってピカピカの状態にしておく事です。車買取査定の際にお手入れがされている状態ですと車への印象も良くなると言われていますし、査定の際には綺麗にしておいて欲しいと希望する業者が殆どです。

お手入れを行い印象を良くすればプラス評価になりますので、エンジンルームや室内など、きちんと磨いておいた方が良いでしょう。続いて挙げられるのが整備手帳やその他の付属品を忘れずに用意する事です。整備手帳があると車の状態が伝わり易くなりますので印象も良くなりますし、状態が良ければプラス査定が付く可能性もあります。

その他にもスペアキーや夏用冬用タイヤなどがあると買取価格アップにも期待ができますので用意しておくと良いと言えます。持ち込みをする際にはこれらの下準備を行うと共に意識したい事があります。それはお天気です。車買取をしてもらう時にお天気が良いと、車のキズやヘコミが非常に目立ってしまいます。

雨や雪などのお天気が悪い時ですとキズなどを発見し難くなり、マイナス査定になり難くなると言われていますので、意識してみるのも良いのではないでしょうか。

車買取業者のビジネスモデルはコスト削減が主

車買取業者は、ディーラーなどの下取りに比べて買取価格が高いことが多いので、利用する人も増えてきています。なぜ高い価格買い取りできるのかは、コストを削減したビジネスモデルだからだと言われています。

車買取業者は買取専門のところが多く、買い取った車は、すぐにオークションに出品してさばいてしまうので、在庫として長い期間持っていることもなく、ましてや展示販売などしませんので、かなりのコストが削減されます。この削減されたコスト分で、顧客からの買取価格を上げることができるわけです。

また、規模の大きい車買取業者では、中古車に関する情報もたくさん集まってきますので、車種や年式による全国的な標準価格を提示できるようなシステムを構築しているところもあります。このようなサービスは、中古車価格の透明性を高め、結果的に顧客中心という今までの中古車業界にはなかったビジネスモデルだと言えます。

大手の車買取り業者では、上記のようなコスト削減するというビジネスモデルの他に、自ら中古車オークションを運営して、出品落札などの手数料を第二の収益源としている場合もあります。また、コンビニのような代理店方式(フランチャイズ)をとっている業者では、フランチャイズの会費収入も収益源としています。

車買取りシステムについて

車買取りシステムについて考えると、売却する方としても出来るだけ多くの中古車ディーラーに見積りを行いたい流れとなりますが、なかなか、今までの状況であれば、自分自身で車買取り専門店に足を運び査定を受けると言った状況で、少しでも高い所を見つけると言った状況となりました。

しかし今の状況では、車買取のシステムがあり、インターネットを活用しながら、売却したい車の情報を細かく掲載する事で、一括にて数多くの業者がその情報を基に査定を行う運びとなります。現代のインターネットが普及している状況を考えると、こうしたシステムのお陰で、より良い取引が行える事となって、高値での取引を目的に業者を探す事も可能となります。

今までの車買取りに関しても、色々と業者の競争はありましたが、なかなか簡単に査定を受けるまでの手間はありませんでした。今回の様なシステムを活用する事となれば、色々な業者がそろって査定を行い、そこで競争が行われる事となる為、素晴らしい金額を上げてくる所も存在する様です。

そこで車買取りシステムを有効活用しながら売却する運びとなれば、スムーズな取引を行える事となり、今後に置いてもまた活用したいと感じる事となります。