自動車保険は長期契約をする事で保険料が安くなる

自動車保険の契約は1年契約などの短期契約か、もしくは3年以上の長期契約に分かれます。

それぞれメリット・デメリットがありますが、ここでは自動車保険を長期契約する際のメリットなどについてまとめています。

長期契約の自動車保険を選ぶメリット

普段自動車を運転する方なら自動車保険に加入しているでしょう。自動車保険の保険料は掛けている補償額やその時の等級によって異なりますが、毎年一回更新の時期になると保険料の出費が気になりますね。

更新時の手続き方法は保険会社ごとに違いますが、現在では主流となっているダイレクト型の自動車保険では申し出がない限り自動更新となる保険会社もあります。しかし、全ての保険が自動更新というわけではなく、更新の意思があればインターネットから更新の手続きを行う必要がある保険会社もあります。

年に一回の更新の度に保険料を支払ったり面倒な手続きをしなければならないという手間を省く方法として、最近は一年契約ではなく長期契約の自動車保険を選ぶ方が増えているのです。長期契約を結んでしまえば、数年間は面倒な手続きを行う必要がありません。

さらに長期契約のメリットとして挙げられるのが保険料です。近年自動車保険の保険料は値上がりの一途をたどっています。長期で契約してしまえば保険料の値上がりが影響することはありませんね。また、等級制度でもメリットがあります。長期契約の場合は契約期間中に事故を起こしたとしても、すぐに等級がダウンすることはありません。

自動車保険における三年契約の利点について

自動車保険の契約料については、補償内容を一定と仮定すると値上がりが続く傾向が予想されます。この傾向予測は若年者層の減少と自動車保有率の減少から来る加入者の低減に加え、高齢化による高齢ドライバーの増加から事故率が高く見積もられるようになる事から説明する事が出来ます。

そうなると出来得る範囲で保険料を安く抑える事を考えたいものですが、方法の1つとして考えられるのが自動車保険の三年契約です。通常の一年と比較して長期契約となる為、単年毎の保険料で見た場合には安い金額設定になる可能性が高いものとなっています。

また付随するメリットも考えられ、その1つとして考えられるのが等級の扱いです。保険使用により等級が下がる場合においても、契約期間中はそれまでの等級が維持される形となる事が多く、満期後には等級が通常の基準に従って回復している事から結果的に保険料の軽減に繋がる訳です。

逆に契約期間中にゴールド免許を取得した場合等についてはこれによる割引等を受けられない可能性がある訳ですが、三年契約であっても時期等の条件を満たせば一旦解約して新たに契約を結べる為に、あまりデメリットが大きくならない事も魅力的と言えます。

頻繁な契約内容の見直し等は念頭に無く、特に保険会社の変更についてはあまり考えないという人にとっては、自動車保険の三年契約は有効な手段であると考える事が出来ます。

自動車保険の契約内容変更の種類と手続き

自動車保険の契約を締結後、何らかの理由で契約内容変更をしたいという場合、保険会社のカスタマーセンターに申し出るか、またはインターネットの専用ページから必要事項を入力して送信すれば、手軽に変更することができるようになっています。こうした契約内容変更の手続きにはいくつかあり、場合によっては追加で車検証のコピーを提出したり、書類に捺印が必要となることもあります。

契約内容変更のなかでも、引っ越しや結婚などに伴う住所や氏名の変更については、基本的には電話やインターネットだけで完結しますが、補償内容の追加などの場合については、その分だけ自動車保険の保険料を払い込まなければならないことになります。

主に契約している自動車を使用する人である記名被保険者の変更については、配偶者や同居の親族であればノンフリート等級などの条件が引き継がれますが、別居の子供などに変更の場合には等級引き継ぎがなく、追加で保険料が発生することになりますので、手続きを完了する前にカスタマーセンターなどで説明を聞いたほうがよい変更といえます。

また、契約対象となっていた車を廃車として新しい車を購入し、その車に自動車保険を適用させようとする場合には、車両入替とよばれる契約内容変更の手続きが可能ですが、入替前後で同一の車種でない場合には、この手続きができないことがありますので、やはり事前確認をしたほうがよいといえます。

自動車保険が保険会社から契約解除される場合とは

自動車保険の契約期間中に契約を打ち切ることを契約解除とよび、契約者のほうからであればいつでも解除は可能です。ただし、保険会社のほうからの解除については、会社の独善で行わせると自動車保険の仕組みそのものが破綻しかねないため、保険法という法律によって、契約解除ができる場合がいくつか定められています。

例えば、自動車保険の契約では、締結の際に危険に関する重要事項を正しく申告するように契約者に求めていますが、このことを正しく申告しなかったり、または契約期間中にこうした重要事項についての変更があったにもかかわらず保険会社に通知しなかった場合には、保険会社からの契約解除ができるものとされています。

また、契約をしたにもかかわらず、契約者が定められた保険料を支払わなかった場合についても、保険会社と契約者との間の信頼を失わせる行為ですので、これも保険会社からの解除理由となります。

さらに、契約中の自動車で故意に事故を起こして保険金詐欺をしたような場合も、当然ですが保険会社からの契約解除となり、この場合についてはすでに支払った保険料も返還されません。

こうした契約解除があった後に再び同じ契約を締結することは、悪質な場合を除いて基本的には可能ですが、はじめて保険に加入したときと同じ6等級にノンフリート等級が据え置かれることになります。

自動車保険の保険料の仕組みが大きく変わる新等級制度

等級制度は自動車保険の保険料を決める基本的な仕組みですが、経過措置期間が設定される中で新たな制度で運用されます。それが新等級制度です。新等級制度で何が変わるのか、その一つが事故なしと事故ありの場合で割引率に差をつけることです。

改定前の等級制度では事故を起こすと3ランクダウンという制度でした。しかも、事故を起こさず等級がアップした方と同じ割引率となることがあったのです。それでは事故を起こさなかった方との間に不公平感が生まれるということで事故あり等級を新たに設け、事故を起こした方の等級は別の基準で実質で算出されるようになりました。

例えば、同じ10等級でも事故なしの方は40%の割引率、これに対して事故あり等級の場合は23%となり、実質17%の割増となります。また、新等級制度では事故あり等級の期間を3年間に設定しています。つまり、3年間は割増となった保険料が適用されるのです。

保険金を請求しても等級に響かなかった自然災害や盗難などについても1等級ダウンの事故となります。こちらは1年間のみとなりますが、自動車保険の保険料のアップには違いはありません。事故や保険金の請求の増加、それと不公平感の是正などを踏まえて自動車保険の保険料が大きく変わります。

自動車保険の契約変更をする方法

自動車の使用を続けていると自動車保険会社と契約した時と使用方法や運転者が変わる場合があります。このような場合や車を新しい物に買い換えると、契約変更をしなくてはいけません。

契約した状態と違った状態で事故を起こすと保険を請求しても保険がおりない場合があります。例えば契約した時は仕事をしていなくて車の使用目的が日常、レジャーになっていたのに、仕事を始め通勤途中に事故を起こすと保険がおりなかったり契約が解除される事もあるのです。

また契約途中でやはり保障を厚くしておきたいと思ったら、新たに車両保険をつけたり特約をつけたりすることもできます。ネットで申込ができる自動車保険会社ではインターネットで各自動車保険会社のマイページにアクセスすると、契約変更する事ができます。

また電話でカスタマーセンターに連絡したり、保険会社の担当者に連絡して変更する事もできます。変更があると保険料にも変化がでてきます。保険料が減る場合には返還され、追加になる場合には追加の料金を支払う事になります。

また保険会社事態を変更する事もできますが、この場合は前の保険会社の解約日と新たの保険会社の契約日をあわせるなど注意をして変更する必要があります。