自動車保険は通販型と代理店型どちらが良いのか

自動車保険では対面で相談しながら申し込める代理店型と、ネットで契約できる通販型があります。

ここでは通販型と代理店型のそれぞれのメリットなどについてまとめています。

インターネットで申し込める通販型の自動車保険

自動車保険は、保険会社の代理店を通して契約するのが従来の方法でしたが、インターネットの普及と保険業法の改定により、保険会社と直接契約することができる、通販型が普及してきています。

通販型の自動車保険が広く普及し始めている一番の理由として、保険料の安さが挙げられます。代理店を通して契約する場合よりも割引率が高く、保険料に数万円の違いがでることもあります。また、インターネットで24時間いつでも申し込むことが出来るのもメリットでしょう。

複数の保険会社の自動車保険を一括で見積もることが出来るサイトなどもあり、効率よく自分に有利な条件の自動車保険を選べるのも魅力です。通販型のデメリットを強いて挙げるとすれば、代理店型のように担当者と対面して相談できないことです。

メールや電話で担当者に相談することは可能ですが、自分である程度の情報を収集しておく必要があります。インターネットでの情報収集が得意な人は、自分で色々なプランを慎重に比較できるので、一概にデメリットであるとは言えません。

代理店型で自動車保険を契約していて、保険料が高いと感じている場合は、次の契約の機会には、通販型に切り替えてみてはいかがでしょう。

通販型の自動車保険の特徴とは

「通販型自動車保険」とは、インターネットや電話などの手段によって、契約したい人が直接保険会社との契約を結ぶ、新しいタイプの自動車保険のことで、「ダイレクト型」などと呼ばれることもあります。いっぽう、これまでのように保険の代理店を通じて店頭で契約する方式のことは「代理店型」と呼ばれています。

この「通販型自動車保険」は、保険業法という法律による厳しい規制が見直され、保険の自由化が進んだことによって登場したもので、現在このタイプでの契約申し込みを受け付けている保険会社は数十社に及び、しだいにメジャーなものになりつつあります。

「通販型自動車保険」の特徴の大きなものとして、「代理店型」と比較したときの圧倒的な保険料の安さが挙げられます。「代理店型」ではどうしても人件費などの代理店手数料が上乗せされるため、保険料が高くなってしまいますが、保険会社と直接やりとりできる「通販型自動車保険」であれば、この部分の経費がカットできるため、安く契約することが可能です。

また、インターネットなどの手段を利用するため、店頭に出向くことなく、いつでも好きなときに契約手続きができ、しかも必要な欄に穴埋めをして記入するだけの簡単なものであることもポイントといえます。

その反面、契約にあたって経験豊富な代理店スタッフのアドバイスが得られなかったり、契約できる保険類型が限られておりニーズに合ったオプションが付けられないなどのデメリットもあります。

初めて自動車保険に加入する方におすすめの代理店型

自動車保険の主な加入窓口として通販型と代理店型があります。付加保険料の低減で保険料が安いのが通販型、対面式で補償内容をしっかり説明を受けることができるのが代理店型とも言えます。保険料を安く抑えたい方にとっては通販型が魅力的かもしれませんが、ここでポイントになるのが初めて自動車保険に加入する方にとってのメリットです。

確かに通販型は保険料で魅力的ですし、代理店型と補償内容や事故対応力・ロードサービスの面でも差はありません。しかし、初めて加入する方にとって大事なのは補償内容をしっかり把握できるかです。自動車保険に長く加入している方にとっては更新時を繰り返す度に、ある程度の知識がついてきます。

初めての方となれば、先ず自分に合った補償を確保し、それがどんな時に活かされるのか把握しておくことです。そうした点で初めての方ほど代理店型はメリットがあるのですが、代理店も専属か兼業かで対応力も変わってきます。兼業の場合は単に保険の窓口になっているだけで補償内容に詳しくないことがあります。

クルマの購入と自動車保険がセットになっていることもあるのですが、自分に合った補償で考えるのであれば、専属のプロの代理店で加入することも検討したいところです。

自動車保険は通販と代理店とどちらが良いでしょう

自動車保険は大きく分けてネット通販と代理店経由がありますが、それぞれメリットがあるので自分に合ったものを選ぶと良いでしょう。まず通販型の自動車保険は支払う保険料がやや安いというメリットがあります。任意保険の自動車保険は各社条件によって保険料が異なります。

ネットに慣れている人なら一括比較サイトで見積もりをしてみると良いでしょう。ポイントがついたり、QUOカードをもらえる場合がありますからチェックしてみると楽しいですね。

通販型自動車保険は申し込みから契約まで全てネットでできますから非常に短時間で保険を掛けることができます。保険証書を発行しない様にするとネット割引を受けられる保険会社もあります。もし事故に遭ったり、故障しても対応は的確で、レッカー車も電話一本ですぐ手配してくれます。

一方代理店経由の場合のメリットは、やはり対人で契約内容をしっかり説明してくれる点にあります。わざわざ自宅まで来てくれる担当者の人もいますし、非常に心強いというのがメリットでしょう。通常自動車保険代理店の担当者は事故や故障を数多く経験していますから、いざという時も頼りになります。

このように自動車保険の通販型と代理店型には双方メリットがありますので、どちらが良いかよく考えて選択したら良いでしょう。中には自動車の任意保険に加入していないドライバーもいますが、自賠責だけでは原則人身事故しか補償されないので、物損事故の場合は困る事があります。

やはり任意保険も入っておいた方がいいですね。任意保険の満期が近づいている人はどちらが良いか保険会社に問い合わせてみると良いでしょう。

他社移行の際の自動車保険の等級の扱い

自動車保険の保険料を決定する要因のひとつに等級という制度があります。この等級というのは、簡単にいうと保険料の割引率や割増率をを示す数字です。保険会社により多少の違いはありますが、通常始めて自動車保険に契約をする時には6等級が適用になります。

そしてその契約期間の間に事故を起こして保険を使うことがなければ、翌契約期間には等級は7等級に進みその分保険料には割引が適用されます。逆に保険を使うと、等級は小さい数字に戻って保険料は高くなります。ですから、無事故で契約を続けていると等級が進んで保険料は安くなっていく仕組みで、等級はその契約のリスクを表すものと言えます。

この自動車保険の等級は、契約先の保険会社を変更する時にも条件を満たしていれば引き継ぐことが可能です。他社移行の際に無事故の等級を引き継ぎできる条件は保険会社ごとに定められていますが、割り増しではなく割引等級が適用されていることや車が同一であることなどが前提になっているのが一般的です。

無事故の等級を引き継いで自動車保険の他社移行をする際には、現在の無事故等級のわかる書類を添付して新しい契約先である保険会社に提出する必要があります。

等級のわかる書類というのは、契約期間の満期をもって他社移行するのであれば更新の書類に次期等級が明記されています。契約期間の途中で他社移行するのであれば現在の契約先である保険会社から等級のわかる書類を交付してもらうことになります。

自動車保険の中で特長的な通販型業界シェアの成長

自動車保険を加入チャネルでみると代理店と通販型に大きく分かれますが、その中でシェアを伸ばしているのが通販型です。その通販型業界シェアでみると、外資系の伸びが大きく、競争も激化しています。なぜ、通販型業界シェアが伸び、外資系の加入も増えているのか、それはリスク細分型という保険の仕組みにあります。

リスク細分型とはリスクに応じた補償の仕組みです。自動車保険でみれば、ドライバーの技量や目的などによって、リスクの度合いを図り、それを保険料に反映させています。また、ロードサービスという付帯サービスの充実も通販型業界シェアが伸びている要因です。

ドライブ中のトラブルに宿泊やレッカー移動などきめ細かいサービスが支持されています。今や主流となっているロードサービスですが、早くから力を入れてきたのも外資系であり、通販型の自動車保険の一面です。この他にも、通販型は店舗を持たないため、事務経費などを削減でき、その分を保険料に反映させています。

ネット割引もその一例で、補償に充てられる基本の保険料は各社に差はないものの、会社を維持するための付加保険料の面を削減できるため、通販型の保険料は安くなるのです。通販型業界はネットを加入チャネルの主力に、今後も成長が見込まれます。

テレビCMでも流れ、知名度も上がっていますが、それ以上にリスク細分型のように顧客志向の補償の仕組みにも魅力があります。