自動車保険加入時に大事となる等級制度について

どこの自動車保険でも基本的に等級制度と呼ばれるものがあり、等級によって保険料金が変動します。

ここでは契約前にしっかりと理解しておかなければならない等級制度について詳しくまとめています。

自動車保険を契約したときの最初の等級とは

自動車保険にはノンフリート等級とよばれる制度があります。これは、自動車保険を契約している人の事故歴などに応じて、保険料の割引・割増を適用する制度で、支払われる保険金に見合った保険料の負担が公平に行われるようにという配慮にもとづいています。

この等級は、1から20までの20段階にランク分けされており、最初に自動車保険の契約をする際には、6等級から開始されるのが原則です。ただし、最初に契約したときの自動車とは別に、後日セカンドカーを取得して、また新たに自動車保険に加入するような場合には、例外的に7等級からの開始となります。

この数字は、契約後1年間、保険金を請求するような事故がなければ、次年度に1つ繰り上がり、この数字が大きい、すなわち20に近いほど、保険料が割引となり、逆の場合には割増となります。事故の種類によって、等級が3ランクほどダウンするものと、1ランクだけで済むものがあります。

以前はこの数字が同じであれば、事故歴の有無にかかわらず、保険料は同じ金額でしたが、現在は制度の見直しが行われた結果、同じ数字であっても、事故歴のある人は保険料が他に比べて割増となり、逆に事故歴のない人は保険料が割引になるといった差異を設けています。

保険料が安くなる自動車保険の等級継承

自動車保険の等級継承ができると保険料を安くする事ができます。保険会社を変更しても等級制度は引き継ぐ事ができますからこの制度を忘れずに利用したほうがよいです。但し一部の共済では利用できないこともあるので要注意です。

車を廃車して長期に乗らない時は保険会社には自動車保険の中断制度がありますから、この制度を利用して中断証明書を発行してもらっておけばまた車を所有した時に等級継承をする事ができます。中断証明書を利用して自動車保険に加入すれば新規で加入するより保険料を抑える事ができます。

自動車保険の等級制度は条件をみたせば家族間で継承する事もできます。被保険者の配偶者、同居の親族間であれば等級を継承する事ができます。等級継承の手続きは簡単にできます。例えば18歳で免許を取ったばかりの子の車に親の等級を継承する時は、親から子の車へ車両入替手続き後に名義を親から子へ変更します。

親は新規で自動車保険に加入します。その方が2台分の保険料をトータルで考えたら割安になります。等級継承をするのに満期日と始期日がずれてしまうと前年の等級を継承する事ができなくなりますから、保険の満期日を忘れないように手続きする事も大事です。

保険料の割引率を示す自動車保険の等級

自動車保険の保険料はとても細かく設定されています。保険料は補償の内容をはじめ運転者の年令条件や車種などいろいろな項目で決まりますが、保険料決定の項目のひとつに等級があります。

これは、その契約と車両において事故があったかどうか、また保険を使ったかどうかという履歴と連動した数字です。通常ですとはじめて自動車の任意保険に契約する時には6等級が適用され、その契約の期間内に保険を使うことがなければ翌期間には7等級に進み、保険料は少し安くなります。つまり、この等級は自動車保険の保険料の割引率を示す数字にあたります。

生命保険や医療保険はリスクの高い契約では保険料が高くなる仕組みですが、自動車保険も同様で、事故や保険の適用を受けた履歴をリスクとして割引率で表しているものです。契約期間内に事故を起こして自動車保険を使うと、等級を示す数字は小さい方に戻り、割引率が少なくなったりあるいは割増しとなりハイリスクの契約であることを示します。

この割引率は、自動車保険の契約先である保険会社を変える時にも継承が可能です。継承をする際には、条件を満たした上で所定の書類を提出すると新規ではなく割引適用で契約ができますから保険料が節約できます。

自動車保険は1年ごとに1等級ずつ上がる?

自動車保険の保険料は、補償額や等級によって決まります。補償額を充実させれば保険料が上がるのは当然ですが、等級はどのように影響するのか良く分かりませんね。自動車保険には等級というシステムがあり、1から20まであります。

運転免許を取得して初めて自動車を購入した方は、新規で保険に加入することになります。その場合は1ではなく6等級から始まることになります。契約が満期を迎えると更新の手続きを行いますね。一年間の契約中に何事もなく自動車保険を使う機会がなかった場合は、次回の契約では1ランク上がって7になります。

このように毎年ランクが上がっていくと、最終的に最高ランクの20までいきます。20より上は設定されていないので、更新しても保険料が安くなるようなことはありません。自動車保険の等級は上がるだけでなく下がるケースもあります。下がる時というのは、一年間の保険契約中に事故があった時です。

衝突等の事故を起こした時は自動車保険を使って補償や修理を行います。一回保険を使うだけで3ランク下がる仕組みになっています。中には1ランク下がる事故というのもありますし、そのまま据え置きになる場合もあります。据え置きのノーカウント事故なら件数に含まれません。

自動車保険の制度変更に伴い等級すえおき事故は廃止に

事故ではなくても、風水害や盗難、飛び石による破損などに関しては等級すえおき事故とされていました。しかし、ノンフリート等級の制度の変更に伴い、無事故と事故ありの取り扱いと共に1等級ダウンの事故扱いとなっています。これまでは盗難に遭っても風水害の被害でも車両保険などを使って修理が可能でした。

しかも、保険金を請求しても等級はそのままでしたが、それが1等級ダウンと割引率の縮小による保険料アップにつながります。等級すえおき事故の廃止をはじめとしたノンフリート等級制度の変更は、無事故と事故ありの方の不公平感をなくすためのものです。

自動車保険で対人事故などの場合は3等級ダウン、3年間固定されるなど大幅なアップとなりますが、自然災害や盗難による1等級ダウン事故では等級の固定期間は1年間となっているので、その点は軽くみえます。

1等級ダウン事故となるのは自動車保険の中でも車両保険や搭乗者傷害保険などを使った場合です。ゆえに車両保険を使うかどうか迷う点も出てくるでしょう。自動車保険の中でも車両保険は保険料も高いため、少しでも抑えたいところで免責金額の見直しもポイントになります。

また、自然災害は避けられない面もありますが、安全運転の意識の向上はもちろんのこと、盗難防止への意識も必要になっています。

自動車保険の等級据え置き事故の種類について

自動車保険の任意保険には等級という制度があります。この等級は、事故を起こして保険の適用を受けた履歴と連動していて、保険料の割引率や割増率を表しています。

保険会社ごとに違いはありますが、通常新規契約をすると6等級からの契約になり、期間中に保険を使うことがなければ翌契約期間には等級は大きい数字に進み7等級となって、保険料が前年より安くなる仕組みです。

逆に事故を起こして自動車保険を使うと、等級は小さい数字に戻って保険料は高くなります。つまり、等級はその自動車保険契約のリスクすなわち事故歴を表す数字でもあります。事故を起こして保険を使った時に等級がいくつ戻るかについては、保険会社ごとに若干の違いがあります。

一律2等級戻るのが一般的ですが、人身事故か物損事故かで区分されているケースもあります。また、保険を使っても翌契約期間の等級に変動がない等級据え置き事故と呼ばれる事故があります。等級据え置き事故は、主には突発的でまた予測できない原因により生じた事故がこれにあたります。

具体的には、火災や爆発、台風や洪水などの自然災害、盗難、落書き、走行中でない間に受けたいたずらなどによる破損、飛来物や落下物などにより被った損害などです。

自動車保険の事故有等級制度とは

個人向けの自動車保険では、ノンフリート等級とよばれる保険料の割引・割増の制度が採用されています。これは、最初に自動車保険に加入したときには原則として6等級からはじまり、以後1年間無事故であれば翌年の等級が1ランク増えて保険料が割引となり、最高で20等級となります。

その逆で事故を起こした場合には等級が減ってしまい、保険料も割増となります。これまでの自動車保険では、同じ等級は同じ保険料というのが原則であり、例えば無事故ではあるものの契約期間が短いために6等級である人と、事故を起こして等級が引下げとなった結果6等級である人との間に保険料の差がありませんでした。

しかしながら、これでは事故のリスクに見合った保険料とはいえず、負担が不公平であるという議論が高まり、最近の制度改正によって、新たに「事故有等級」とよばれる制度が設けられました。

この「事故有等級」は、事故を起こした人に対して適用される保険料の割増率のことで、保険料の差がこれまでよりも細分化され、同じ等級であっても事故を起こした人のほうがより保険料が高くなります。

この「事故有等級」は、相手のある人身事故や物損事故によって保険金を請求した場合には以後3年間適用され、自然災害や落書きによる車両被害で保険金を請求した場合についても1年間適用されます。