自動車保険での対人賠償責任保険について

自動車保険では基本的に事故時の賠償を行いますが、事故が対人なのか対物なのかによって賠償範囲が異なります。

ここでは自動車保険での対人賠償責任保険について詳しくまとめています。

対人賠償のみの自賠責を補う任意の自動車保険

自動車保険には大きく分けて種類がふたつあります。

まずひとつめが自動車損害賠償責任保険、通称自賠責と呼ばれる保険です。自賠責は、公道を走る車両全てに契約の義務がある保険で、一般には強制保険とも言われています。自賠責は交通事故の被害者保護を目的にして法律で制定されている保険なので、補償は対人賠償のみとなっています。

よって他人の者に損害を与えてしまった賠償の補償や、自分の車の損害それに自分の車に乗っていた人の補償は自賠責では得ることができません。また自賠責の対人賠償補償は、最高で3000万円という限度も設定されていますので、補償内容としては法律で定めた必要最低限の内容となっています。

そこで、車を運転するほとんどの人は、自賠責保険では不足してしまう対人補償や対物補償を補う目的で任意の自動車保険に契約をしています。ここで、自賠責保険はどの損害保険会社で契約をしても保険料や制度また補償の内容は全く一緒ですが、任意の自動車保険はそれぞれの損害保険会社でプランを開発して販売していますから、補償の内容や保険料も保険会社ごとに違っています。

最近の自動車保険は対人賠償つき無制限のプランが主流で、車両保険やいろいろな特約を組み合わせて必要な保障を得ることができます。

自動車保険で対人対物無制限にした方が良い理由とは

任意の自動車保険に加入しない場合でも、強制保険である自賠責から対人事故の場合で死亡による賠償で最高3000万円まで支払われます。しかし、現実として3000万円ではとても足りない場合があります。対人賠償は相手によって変わります。

例えば、自営業と会社員、会社員の中でも家族と子どもがいる場合など相手によっては高額な賠償額となることがあります。そうしたケースで自賠責保険では対応しきれません。そこで自動車保険の対人補償となる訳ですが、対物と併せて無制限にすることが重要です。

自動車保険に関わらず、保険は経済的リスクを抑える面もあります。賠償に追われないようにするためにも、対人対物無制限がおすすめです。対人対物無制限にしておけば、店舗や積荷の補償、対人のケガ・高度障害・死亡時などに最大限の賠償も可能となります。

しかも、保険会社としては賠償限度額まで示談を代行できる範囲となるので、無制限にしておく方が安心と言えるのです。対人事故では億単位の賠償となることもあります。

ムダとなっている保険料を削減することは大事な点ですが、それと同時に事故を起こした場合の経済的なリスクと相手への補償も大切で、とりわけ対人対物補償は自動車保険の中でも重要な意味を持つ補償です。

自動車保険の対人賠償責任保険の内容とは

自動車を運転中に人身事故を起こしてしまった場合、まずはすべての自動車が加入している強制保険である自賠責保険から、被害者のケガなどの程度に応じた保険金が支払われます。しかしながら、この自賠責保険は最低限度の補償しか見込んでいないため、実際には損害賠償金が数千万円以上も上積みで請求されるケースも珍しいことではありません。

このような場合に対応するために存在しているのが、ドライバーが任意で加入する自動車保険の対人賠償責任保険で、自動車保険のなかでも最もメジャーなものです。対人賠償責任保険では、保険契約された自動車の所有または使用に伴い、他人の生命や身体を害することにより、法律上の損害賠償の義務を負ってしまった場合に、必要とされる保険金が支払われます。

対向車を運転中のドライバーやその同乗者のほかにも、道路を通行中の歩行者、自転車に乗っていた人、契約車両に同乗していた他人などにケガや死亡といった被害を与えてしまった場合に保険金の支払い対象となりますので、自動車保険のなかでは特に幅広く利用できるものです。

なお、この対人賠償責任保険は、あくまでも他人の人身が対象ですので、契約者が自動車を運転中に、たまたま歩行中の家族に接触してケガを負わせてしまったような場合については、補償の対象からは外されます。

自動車保険の人身傷害補償保険の内容とは

自動車保険の人身傷害補償保険とは、契約している自動車に乗っていた搭乗者が、交通事故によってケガや後遺障害を負ったり、または死亡したりした場合に、契約中の保険金額の範囲内で、実際の損害に見合った保険金が支払われるという内容をもつものです。

人身傷害補償保険では、運転者自身に過失があった部分までも含めて、実際にかかった治療費や入院費、仕事を休んでいた期間中の休業補償、心身の苦痛に対する慰謝料などを、保険金として全額補償してもらうことができます。このような保険金の支払われ方のことを、特に「実損払い」と呼んでいます。

この「実損払い」による場合、たとえば運転手の側の過失割合が100パーセントであったために、交通事故の相手方の自動車保険からは少しも保険金が支払われなかったとしても、契約中の自動車保険から保険金が支払われますので安心です。

また、相手方が仮に無保険車であった場合には、相手方から十分な損害賠償金を受け取ることができなくなりますが、このような場合であっても、人身傷害補償保険に加入していれば、不足する部分が保険金として下りるようになります。

なお、この人身傷害補償保険では、自動車保険の保険証書に記載されている被保険者本人のほか、その家族などが被害にあった場合についても適用され、他人の自動車に乗っている最中の事故や、歩行中の事故にも対応しています。

自動車保険に付帯している人身傷害補償保険

自動車保険の補償内容の中に人身傷害補償保険があります。この人身傷害補償保険のポイントは契約の保険金額内での実損支払となります。入院から通院、休業補償から慰謝料まで自分自身の過失分までも全額補償されます。

また契約車両に乗っているときだけでなく、友人などの乗車中や歩行中の事故の補償もしてくれます。補償範囲も記名保険者とその家族までも補償してくれます。よく搭乗者傷害保険と勘違いするので内容の確認が必要です。搭乗者傷害保険は定額払と範囲が限られています。

人身傷害補償保険を付帯すると保険料は少し高くなりますが自動車保険の中でメリットも大きいです。相手のある事故を起こすと示談が成立しない限り賠償金は受け取れませんが示談の成立に関係なく保険金を受け取れます。相手のいない単独事故の場合でも補償してくれるのがこの保険の強みです。

任意保険に加入していない無保険者との事故でも不足分を全額補償できます。このように人身傷害補償保険は費用の支払い限度、補償範囲の広さ、過失の問題など完全補償で安心できる保険です。自動車保険の見直しなどがあります。値段だけではなく補償内容をしっかり把握して無駄な保険料を抑えることが大切です。