自動車保険の対物賠償責任保険について

自動車保険は万が一の時に備えての保険ですが、多くの人が対人賠償目的で加入すると思います。

しかし、いざという時に入っておいてよかったと思うのが対物賠償責任保険なんです。ここでは対物賠償責任保険について詳しくまとめています。

自動車保険は対物賠償保険も無制限に。

自分の車の盗難などの損害は、物保険である車両保険。運転者や同乗者の死亡やケガの補償は、傷害保険である、人身傷害や搭乗者傷害保険。相手にたいする賠償責任補償は、賠償保険である、対人賠償保険や対物賠償保険。自動車保険は、この様に、複数の保険商品を組み合わせて自動車運行リスクをカバーしています。

自分の車は購入額もわかります。いくらの保険金額をかければよいか判断は簡単です。怪我の治療費用も、万が一死亡してしまった場合の自身の死亡保障金額も、どの程度の額が必要なのか見当はつきます。しかし、対人・対物賠償保険に関しては、どんな相手に損害をあたえてしまうのか、どんな物に損害を与えてしまうのか事前に予測は不可能です。

対人賠償は無制限が当たり前でも、対物賠償保険は無制限でない設定にしている方もまだいますが、店舗に突っ込み修理代金の他に1ヶ月間の休業補償を請求されたり、高級車が相手だったり、踏切事故で電車を止めてしまった場合など、高額な賠償を請求されるケースは散見されます。

対物賠償保険を無制限にしても、自動車保険の保険料は数百円しか変わりません。更に、注意すべき点は、賠償額が対物賠償の保険金額以上だと、保険会社は責任がもてないとして示談交渉を代行してくれない事です。

数百円を惜しんで、示談交渉を自身で行う事になる危険もあります。自動車保険の対物賠償も必ず無制限にすべきです。

自動車保険の対物補償保険の考え方と無制限の設定

クルマに関わる保険としてハンドルを握る方全員が加入することになる自賠責保険とドライバーの個々の判断に委ねられる任意保険があります。このうち任意保険が自動車保険です。通常は任意保険である自動車保険に加入する方がほとんどですが、対人・対物事故で補償の考え方で保険の加入に差が出てくることがあります。

その一つが対物賠償保険です。対物補償保険は自動車保険の補償の基本的なものの一つですが、対人補償と同等に無制限で加入するのがベストです。その理由は保険料の差があまりないからです。

対物補償保険はその名の通り、物損事故に対してのものですが、相手のクルマや建物などの補償に支払われるものですが、場合によっては高額な賠償となることも少なくありません。もし、賠償が対物補償保険の保険金よりも多くなれば、保険会社は示談交渉を放棄することがあります。

示談は保険金の範囲、つまり補償する範囲であることも多いのです。

それを防ぐための対物補償保険も無制限がおすすめです。トラックとの事故の場合も積荷が高額な場合もあります。確かに補償額を限定することで保険料は安くなりますが、少しの差であるならば、最悪のケースを想定して無制限にする方が安心なのです。

自動車保険の対物賠償責任保険の内容とは

自動車保険の契約にはさまざまな種類がありますが、対物賠償責任保険もそのひとつで、多くのドライバーが加入しています。

この対物賠償責任保険は、自動車事故によって他人の所有物を壊したことに伴い、被害者に対する法律上の損害賠償責任を負ってしまった場合に、損害賠償などの必要となる金額が保険金として支払われるものです。保険金の支払い対象となる範囲としては、被害者の自動車の車体、電信柱、ガードレール、事故にあった沿道の建物などが含まれています。

また、対物賠償責任保険では、こうした直接的な物に対する被害のほかにも、事故にあった自動車をレッカー移動するための費用をはじめ、店舗を壊したり、事故の相手方がバスやタクシーだった場合に営業できなくなった期間の休業補償といった、間接的な損害に対しても、自動車保険のなかから必要額が支払われることになっています。

対物賠償責任保険は、他の多くの自動車保険の類型と同じように、保険証券に名前が記載されている記名被保険者のほか、その配偶者などの家族が自動車事故を起こした際にも保険金が支払われますので安心です。

ただし、例えば家族同士が自動車事故を起こして互いに被害をこうむった場合などについては、他人の財物とはいえませんので支払いの対象外となります。

自動車保険と対物事故による支払額の相場

任意の自動車保険では、自動車事故を起こして相手の車やガードレール、電信柱などに損害を与えてしまった場合に必要な補償が行われる対物賠償責任保険とよばれるものが設けられています。このような対物補償は、公道を走るすべての車が加入を義務付けられている自賠責保険にはないメニューですので、多くのドライバーが契約し、いざというときのために備えています。

自動車保険の対物補償の限度額は、契約時に自由に設定することが可能で、最低ランクですと500万円までの補償というのが相場ですが、実際には契約者の8割以上が無制限というカテゴリで契約をしており、その割合は年々増えてきています。

実際のところ、損害保険料率算出機構の調査によれば、対物事故で支払われる自動車保険の保険金の平均は25万円程度というのが相場であり、深刻な事故に至ったケースは圧倒的に少ないといえます。

しかしながら、最近では被害者との示談ができず、対物事故でも裁判に持ち込まれ、高額賠償を求められたケースが現れてきており、限度額を無制限とするのは、こうした風潮に対応したものといえます。

例えば、高価な積み荷を運搬中のトラックと衝突して中味を損傷した事故や、電車と接触して沿道の建物ともども破壊した事故などでは、1億円を超えるような高額賠償の判決が出ています。

愛車の擦り傷に自動車保険の適用は可能か

駐車場の壁やポールに不注意で車をぶつけてしまうなどしてできた軽微な擦り傷は、自動車保険のなかでも車両保険とよばれるものに加入していれば、必要な修理費などの補償を受けることができます。

車両保険は、契約中の車の損傷を補償するための自動車保険で、一般タイプのほか、補償の範囲が限定されるエコノミータイプなどのいくつかのタイプがあります。ただし、例に示したような、相手がいない単独事故で擦り傷がついた場合には、車両保険のなかでも一般タイプのみ補償が適用され、あとのタイプでは補償は受けられませんので注意が必要です。

また、車の擦り傷で自動車保険の補償が受けられるとはいっても、いったん保険金を請求してしまうと、保険料設定の基準となるノンフリート等級が3段階もダウンしてしまいます。このため、翌年度からの保険料が大幅アップとなり、擦り傷の修理に要した費用よりも、保険会社に払い込む保険料のほうが高くなってしまうようなことにもなりかねません。

したがって、軽微な擦り傷程度であれば、個人負担で自動車保険を使わずに修理し、自動車保険を使うのであれば、ガードレールや信号機に激突するなどの大きな事故で車が損傷した場合にとどめたほうが、結果としては費用の節約となります。