自動車保険加入時の車種変更について

自動車保険では車両本体に保険を掛けることもありますが、もしも加入している期間中に車種変更や買い替えを行った場合どうなるのでしょうか。

自動車保険加入時の車種変更や増車について詳しくまとめています。

車種変更をしたら自動車保険はどうなる?

自動車をお持ちの方は自動車保険に加入しているでしょう。お持ちの自動車を買い替えた場合は、加入している自動車保険の保険会社に連絡しなければなりません。購入した車両と入れ替わる前に連絡して手続きを進めておきましょう。

保険会社の方で車種変更に関する指示がありますから、それに従って必要な書類があれば揃えましょう。新しく購入した自動車の車検証コピーが必要になります。自動車販売店の方で車検証が準備でき次第、保険会社に直接ファックスで送信してもらうといいでしょう。

車種変更した時に自動車保険の手続きをうっかり忘れてしまうことも考えられます。保険の内容を変更しないままにしておくと、万一事故が起きた時でも保険が適用されないので注意が必要です。自動車保険に加入する際は、補償の対象となる自動車の車種やカラー、排気量等詳しい情報を保険会社の方に告げていますね。

補償対象が入れ替わっていても手続きが完了していないと、加入している保険が無駄になってしまいます。自動車が変わると自動車保険の保険料も変わってくるでしょう。高くなる場合もありますし、安くなる場合もあります。現在適用されている等級に関しては、車種変更をしても変わることはありません。

車を買い替えた場合の自動車保険の手続き

車を買い替えたときには、運輸支局での車両登録や警察署での車庫証明の申請など、さまざまな手続きが伴います。そのなかでも重要な手続きのひとつとして、「車両入替」とよばれる、自動車保険を契約する車両の変更があります。

自動車保険の仕組みとして、保険証券に記載されている車両を「被保険自動車」として、この車両の運転によって人や物に対する被害が発生した場合や、盗難・いたずら・当て逃げなどによって車両そのものに被害が発生した場合について、契約内容にもとづき、必要な保険金が支払われることになっています。

逆に言えば、車を買い替えたのに「被保険自動車」が以前のままであった場合には、保険金が支払われないことにもなってしまいます。このようなことから、車を買い替えた際には、保険会社に直ちに連絡して、保険証券の番号や新しい車の車検証に書かれている内容などを申告する、自動車保険の「車両入替」の手続きをすることが大切となります。

なお、この「車両入替」は、加入者自身やその家族などが以前と同じような車種の車に買い替える場合はまったく問題ありませんが、例外的に、車種が大幅に以前と異なったり、別居の家族名義で購入する場合には対象外となり、新たな保険契約をしなければならないこともあります。

自動車保険の新車割引の内容とは

自動車保険の新車割引というのは、保険開始日が契約対象となる車両の初度登録年月から25か月以内の場合について、保険料を特別に割引とする制度のことをいいます。

初度登録年月というのは、自動車を最初に運輸支局または軽自動車検査協会に登録したときの年月をいい、要するに新車として登録されてすぐに自動車保険に加入すれば、足掛け3年の間は保険料の割引が受けられます。

新車割引がある理由ですが、新車は中古車などと比較すると部品の劣化がなく故障になりにくいほか、新車の時期には多くのドライバーが慎重な運転に心がけるため事故率が低いということが挙げられます。事故や故障がなければ自動車保険の保険金が下りる機会もそれだけ減ることが見込まれますので、割引をしたとしても自動車保険の採算性は確保できます。

新車割引については、自動車保険各社によって取扱いが異なっており、また、対人賠償責任保険や車両保険などの種類によっても割引率の違いがありますが、一般的には通常の保険料よりも5パーセントから20パーセント程度の割引があると考えればよいでしょう。ただし、この割引は新車の期間限定のものですので、期間が過ぎてしまえばもとの保険料に戻ります。

自動車保険と型式の関係について

自動車保険料の設定には、保険会社によって算定根拠が異なります。自動車の型式によっても、異なります。軽自動車やコンパクトカー更にはボックスカーによって異なります。自動車の型式では、古い車種や最新のエコタイプなどによっても違います。更には、エアバッグ装備車種かどうか、など自動車の型式によっても、自動車保険料が増減するのです。

他の要素としては、運転手が固定なのか、家族限定なのか、更には家族以外の者が運転するのかどうか、なども影響します。また、保険対象者が事故歴があるかどうかも自動車保険料に影響していきます。自動車保険は、毎年、事故等がなければ保険等級が一つ上がっていきます。若干割引率が上がっていくのです。

ドライバーの年齢が40代50代の方が安くなる傾向にあります。これは、20~30代に比べ、40~50代の方が事故率が少ないのです。その分、保険料も低く設定されているのです。
また、自動車の年間走行距離によっても、保険料の算定に影響してくるのです。

これは、走行距離が長いほど、事故割合が高くなるためで、短いほど割合が低くなるので、保険料も安くしているのです。保険会社によって、微妙に設定項目が違うので比較することも大事です。

自動車保険の車名と車種の違いとは?

自動車保険に加入する際は、保険の対象となる自動車の車名や車種等細かい情報を知らせなければなりません。車検証を見ると分かりやすいですから、申込手続きをする際は手元に準備してから始めましょう。

一般的に車種というと自動車の名前を思い浮かべますが、自動車保険の場合は車種が車名になります。車種を記入する欄には自動車の種類を書き込むことになります。普通乗用車や軽四輪乗用車、軽四輪貨物車等多くの種類があるので分かりづらいですが車検証があれば悩むこともありません。

自動車保険を申し込む時は、書類を郵送で送ってもらって返済する方法の他にインターネットから必要事項を入力して送信する方法があります。郵送の場合は全ての事項を記入して返信するため時間が掛かるでしょう。その点インターネットから申込手続きを行うと、短期間で手続きが可能になります。

現在加入中の自動車保険が満期に近付いている方や新しく自動車を購入する方の場合は、スピーディーに手続きしなければなりませんね。郵送よりも早いインターネットから申込手続きを行うことをお勧めします。インターネットから手続きするダイレクト型の自動車保険には保険料が安いというメリットがあります。

初度登録年月と自動車保険の保険料

国の運輸支局または軽自動車検査協会に対して、自動車を初めて登録申請し、受理されてナンバープレートを交付された年月のことを「初度登録年月」と呼んでいます。軽自動車の場合は「初度検査年月」として表記されていますが、いずれも車検証のなかにその年月が明確に記載されています。

この「初度登録年月」は、あくまでも最初の登録が基準ですので、例えば中古車を購入して新しいナンバープレートに付け替えたとしても、その付け替え時点での年月ではなく、以前のオーナーが登録したときの年月がそのまま生きることになります。

一般に自動車保険の契約をする際には、この「初度登録年月」についても申込書に記載をする必要があります。それは、多くの自動車保険では「新車割引」とよばれる制度をもっており、「初度登録年月」から一定の期間以内の契約については、保険料が通常よりも大幅に割引となるためです。

自動車保険の「新車割引」については、保険会社によって違いがあるため一概に言えませんが、「初度登録年月」から25か月以内の自動車について適用されるケースが多いようです。これは、新車の場合には中古車や高年式車と比べて故障が少なく、ドライバーも慎重な運転を心がけることから、保険金の支払い対象となる事故が少ないという判断によるものです。

増車によって自動車保険を安くできる

新規に自動車を1台増車することによって自動車保険を安くできます。個人が新たに自動車を契約される場合は複数所有新規特則が適用されます。通常の新規契約は6等級からになりますが7等級からの契約になります。親と子の関係で例えば親の自動車保険の等級が20等級で新規に自動車を購入した子供の自動車保険は7等級です。

ここで車両入替をおこなうと親は7等級の自動車保険に子供は20等級の自動車保険になります。このようにしたほうが2台あわせた保険料が安くなる場合があります。ただし条件があります。

1台目の等級が11等級以上であることです。高い保険料を契約している保険に高い割引率の等級を使ったほうが得になります。もし同じ等級なら2台目の車の料率が1台目より高い場合や車両保険の兼ね合い、運転者の年齢によって、この複数所有新規特則が有効に働きます。

子供が社会に出れば各家庭で自動車を増車することになります。車両入替によって自動車のコストを抑えることはありがたいことです。特に若い世代は保険料が高く設定されています。

この車両入替の見積もりは多少複雑なところがあります。時間がかかるのを踏まえて余裕を持って見積りを依頼されたほうがよいです。

自動車保険の、車両保険について

自動車保険には、皆さん入っていると思いますが、車両保険はどうでしょうか。高いからというイメージで、入ってない方もたくさん居ると思います。ですが、最近の自動車保険は、一昔前と比べて大分様変わりしています。

いわゆるインターネット専業の保険会社が出てきたことによって、業界はイノベーションの波に追われました。保険料が安くて、保障内容も充実している保険がこれまでとは、違うレベルで登場しています。基本的に大手の人材重視の保険会社よりもインターネット専業の保険会社は人件費が、かかりません。

その分、利益が出せる体制にあるのですが、ライフネット生命を始めとして、それを保険料に還元しました。それが、大ヒットし、今では、多くのインターネット専業の保険会社が生まれています。既存の大手保険会社もその波には耐えられず子会社でインターネット専業の会社を設立していく事態になりました。

自動車保険は、その様相が様変わり。車両保険をつけても今までと保険料が変わらないなんてことは、当たり前で、車両保険をつけても今までより安いなんてことも、出てきています。自動車保険の見直しをしていない方には、チャンスです。まずは、見積もりだけでもしてみるのは、いかがでしょうか。