自動車保険を見直して節約する

車を持っていないと生活すらままならない地域もありますが、駐車場代、ガソリン代などの維持費は馬鹿になりません。

ここでは自動車保険を見直しして節約する方法についてまとめています。

安全運転で自動車保険を節約

自動車を運転するに当たり、交通事故等の万事に備え、自動車保険は必要なものです。自動車保険を節約する為に、一度見直して見ることをお勧めします。自動車保険は損害保険に分類され、法律では強制保険と任意保険があります。

強制保険の名称は、「自動車損害賠償責任保険」と言い、被害者への最低限の賠償を目的とし、自動車を運転する全ての人が入る義務があります。任意保険は、強制保険とは違い、入る義務はありません。しかし、強制保険での不足分を補う他、物損事故等の損害の賠償に当てられる大事な保険です。

この任意保険を節約しすぎ、大事な補償が損なわれる事のないよう、十分にご検討下さい。任意保険は、保険会社等で取り扱っており、最近では、通販型の任意保険が目立ってきました。この通販型の保険に切り替える事も節約に繋がりますので、見積一括サイト等を上手に利用し、情報を収集して見ましょう。

自動車運転免許証にはゴールド免許があり、これに該当する場合は事故率も低いとみなされ、保険料を安くする保険会社等もあります。一度問い合わせて見ましょう。

節約にはいろいろな方法がありますが、やはり、自動車の安全運転こそが、他人の命ばかりでなく、自分の命も守れ、しかも自動車保険の節約にも繋がる一番の方法ではないでしょうか。

自動車保険の支払い方法は月払いか年払いが一般的

自動車保険の保険料はとても細かく設定されています。契約の際には、補償内容に加えて車種や排気量、運転者の年齢条件などを選択しながら保険料を決定していきます。また自動車保険には等級という制度があって、この等級により保険料の割引率や割り増し率が決定される仕組みです。

また自動車保険の保険料の支払い方法は、保険会社により若干異なりますが月払い方式と年払い方式があります。月払いでは通常口座振替が一般的で、年払いで支払う場合は年に一度現金で支払うか口座座引き落としかが選択できる保険会社が多くなっています。

また、契約期間の途中で車両を入れ替えたり、運転者の年齢条件が変わったりして保険料が変わることがあります。変更内容によって保険料が高くなる場合は、その差額を支払うことで新しい内容の契約に保険の効力が発効します。

その差額の支払い方法については、月払いで契約している場合であれば口座からの引き落とし金額が調整され、年払いであれば差額を契約の残り期間で月割りして算出した金額を現金で入金することもできます。逆に契約の変更内容によって保険料が安くなるケースでは、月払い契約では引き落とし金額で相殺され、年払いでは差額の月割り分が返還されるようになります。

ダイレクト型の自動車保険で多いネット限定割引

自動車保険の保険料を少しでも安くしたい場合に利用したいのがネット限定割引です。特にダイレクト型の保険会社を中心に多い割引制度ですが、国内大手を含めてネットから申し込むと最大で1万円の割引となることがあります。この割引額は新規契約の場合ですが、金額は少なくなるものの継続の場合も割引されます。

自動車保険のネット限定割引はダイレクト型の保険会社ならではの特長でもあります。代理店が各地にある国内の大手損保と違い、外資系の保険会社は顧客の新規獲得のためにメディアを活用しています。その一つがネット利用であり、スマートフォンからも契約できるようになっています。

ただし、このネットからの申し込みは保険会社を変える際の契約に向いています。初めて自動車保険に加入する場合、補償の組み立てに迷う点があります。自動車保険の加入歴が長く、自分のカーライフに合った補償を組み立て直したい時にネットは手軽です。

ネット限定割引の他にも、証券の発行を不要とした時の割引制度もあります。ネット限定割引と併用できますので、さらに保険料を下げることができます。割引額が大きいところを選ぶこともポイントですが、補償の充実とセットで活用したいところです。

自動車保険を短期契約することはできるか

自動車保険は契約期間を1年とする年間契約が基本となっており、場合によっては3年契約のように長期に及ぶものもあります。いっぽう、知人名義の自動車を一時的に借りて運転するので短期契約をしたいといった場合など、所有者の名義が異なる自動車に対して自動車保険を短期間だけ適用するための方法は限られているのが実情です。

もっとも現実的な手段としては、借りた自動車に付いている自動車保険の補償をそのまま利用することであり、年齢条件や家族限定などの特約がある場合には、一時的に解除してもらって、その差額を借りた人が負担するという方法です。ただし、契約変更や実際の保険金請求などでは、借りた相手に大いに迷惑がかかる可能性があります。

このようなやり方に抵抗があるという場合には、ドライバー保険険を利用して短期契約をするという方法もあります。ドライバー保険は、補償内容は普通の自動車保険とほぼ同じで、対人賠償保険・対物賠償保険・搭乗者傷害保険などがセットになっています。

ただし、普通の自動車保険のように、自動車ごとに契約するのではなく、運転する人が保険の対象となっているところに大きな特徴があります。このタイプの自動車保険も1年契約が原則ですが、なかには1日から7日程度の短期契約ができるものもあります。

自動車保険の平均金額はいくら

自家用車を持つ人は誰も、自動車保険を払わなければなりません。契約年数、契約者の年齢、保証内容、保険会社などによって、保険料は変わりますが、自動車保険の平均金額とはどのくらいなのでしょう。平成25年の統計では、自家用車の普通車なら年間約77000円、小型車なら約60000円、軽自動車なら約45000円という数字が出ています。

年齢別の平均金額を見ると、25歳なら年間約90000円、40歳なら年間約50000万円という数字が出ています。また、代理店で契約するよりも、通販でダイレクトに購入するほうが、1万円から7万円お得になります。インターネットは、数社の自動車保険の見積もりを一括で手に入れることができるサイトなどもあり、非常に便利です。

見積もりの金額を参考にして数社選び、じっくりと吟味するのが賢明でしょう。そして、自動車保険を選ぶ時に最も大切なのは、どのような補償をつけたいかを明確にすることです。安さだけに反応して加入しても、しっかりと保証されなければ意味がありません。

絶対に付けたい保証、予算などを総合的に考えて、自分にぴったりの自動車保険に加入することが重要です。インターネットを利用して、自動車保険を賢く選びましょう。