自動車保険の任意保険と自賠責保険の違いは?強制保険なのか?

自動車保険は分類すると任意保険と自賠責保険の二つがあります。

自賠責保険は絶対に加入しなければならない保険ですが、任意保険はその名の通り任意ですので、加入してもしなくても大丈夫です。ここではその二つの保険について詳しくまとめています。

任意保険の自動車保険で自賠責保険を補う

自動車保険には大きく分けてふたつの種類があります。それは自賠責保険と任意保険です。自賠責保険というのは、公道を走る全ての車両に対して法律で契約が義務付けられている保険で、通称で強制保険とも呼ばれています。

この自賠責保険は多くの損保会社で取り扱っているものですが、法律で制定されている制度なので、どの保険会社で契約しても保険料、補償保証の内容ともに同じとなっています。自賠責保険は交通事故の際に被害者になってしまった人の救済を目的にしている保険なので、補償の内容は対人賠償のみになっている上に限度額も設定されています。

よって、対物の賠償補償や自分の車が被った損害、自分の車に乗っていた人の傷害補償などは自賠責からは一切受けることはできません。また対人賠償の補償についても、法律では必要最低限の限度額を設定していますので補償の内容は充分とは言えません。

そこで、自賠責保険だけでは不足する対人賠償や、対物賠償その他の補償を補うために多くの人が自動車保険の任意保険に契約をしています。任意の自動車保険あるいは共済は、各損保会社や協同組合で発売していますが、損保会社ごとに補償の内容や保険料は独自に設定されています。

自動車保険の自賠責保険について

自動車保険には自賠責保険という保険があります。一般的な自動車保険とは違って、加入することが義務付けられています。自動車以外に原動機付自転車を所有している方も加入しなければなりません。自賠責保険の補償内容には制限があり、死亡の場合で3000万円、ケガの場合で120万円、後遺障害の場合で75万円から4000万円となっています。

後遺障害の補償額は幅が広くなっていますが、障害の程度に応じて金額が決定します。同じ自動車保険でも保険会社が販売している任意保険の方は、契約を結ぶごとに利益が上がりますが、自賠責保険の場合は保険会社の利益になる部分はありません。あくまでも補償だけを目的とした保険というわけです。

気になるのは死亡やケガの補償額でしょう。最高で3000万円では十分な補償額とは言えません。それ以上の損害賠償請求を受けた時のことを考えて、自賠責保険の他に任意保険にも加入しておく必要があるのです。

自賠責保険の保険料は一律になっていますが、離島や沖縄県、沖縄県の離島に関しては保険料が安くなっています。保険料を調べたい時は、該当する地域の保険料をチェックしましょう。軽貨物、軽自動車、小型二輪車等車種ごとに保険料が設定されています。

自動車保険には自賠責保険と任意保険がある

自動車保険というと、一般的には損害保険会社で加入する任意保険を思い浮かべるでしょう。しかし、自動車保険には任意保険の他に強制保険となる自賠責保険があります。自賠責保険の方は自動車を所有している方なら誰もが加入しなければならない保険です。

自動車を購入した時には、初期費用として自賠責保険の保険料が含まれています。新車で購入した場合は初めの更新が三年後になりますが、次回からは二年ごとに更新することになります。ほとんどの方が車検のタイミングで更新しているため、車検費用の一部として保険料を支払っているでしょう。

車検を依頼した業者の方で更新の手続きを行うことが多くなっています。では自賠責保険に入っていれば、任意保険となる自動車保険の方は加入しなくても良いのではないかと考えてしまうかもしれませんね。実は自賠責保険では対人賠償保険しか補償されないのです。

万一他人の所有物に損害を与えてしまったとしても、対物賠償が付いていないため、自動車保険に入っていなければ全額自己負担になります。また、対人賠償にも補償額に制限が定められています。死亡の場合でも三千万円となっているので、それ以上の補償を考えると自動車保険に入っておく必要性を実感するでしょう。

自賠責保険と任意の自動車保険の違い

自動車保険は大きく分けてふたつあります。自賠責保険と任意の自動車保険です。自賠責は正式には自動車損害賠償責任保険と言い、法律によって公道を走行する全ての車に契約が義務づけられている保険で、通称では強制保険とも呼ばれているものです。

法律で契約を強制される保険なので、取り扱う損害保険会社はたくさんありますが、どの保険会社で契約をしても自賠責保険に関しては保証の内容また保険料ともに同一となっています。またこの強制保険は、交通事故の被害者に対して最低限の補償を確保する目的で制定された制度なので、補償は対人賠償のみとなっています。

また補償の限度額も最高で3000万円までと設定されています。よって、法律にもとづいて契約する自賠責保険では対物事故の場合の賠償や、自分の車が破損した場合の補償などは一切受けることができません。また対人賠償についても限度額が決まっているので充分な補償が得られるとは言いがたいものです。

そこで、車を運転する多くの人が強制保険とは別に任意の自動車保険に契約をしています。この任意保険はやはり損害保険会社で扱っていますが、補償の内容や制度、また保険料は各社で設定しているのでそれぞれ異なります。

自動車保険と車両使用者の関係について

自動車保険の被保険対象者が行った行為は当然に対象になりますが、車両使用者の範囲をどこまでにするかによって、自動車保険料の価格が上限します。一番安くなるのは、車両使用者イコール被保険者の場合です。しかし、この他には、夫婦限定や家族限定、マックスではすべての車両使用者すべてが対象になっている時が保険料自体が高くなります。

自動車保険は車両を運転する人が26歳未満の者がいる時が一番高くつきます。これは、26歳未満の人は運転歴も短いからです。自動車保険は、保険を年度更新する時には、無事故の場合には更新割引率がアップします。逆に、事故をして保険適用を使った場合には、保険料はアップします。

この他の条件としては、年間の走行距離に応じて保険料が上限します。車の車種によっても、例えば軽自動車なのか、普通車なのか、特殊車両なのか、業務車両なのか、なども影響します。また、通常の対人補償や対物賠償の保険だけでなく、保有する車両自体が破損した際の修理費などを補償する車両保険を付けている時には、保険料もかなりアップします。

自動車保険料を設定する際には、自分の使用にあった条件の会社を選ぶことで保険料自体を安くすることができるのです。