自動車保険は走行距離によって変わってくる

自動車保険は当然の事ながら、乗る距離が短ければ短いほど事故率が減りますので、保険料が安くなります。

ここでは自動車保険の走行距離と保険料について詳しくまとめています。

自動車保険の走行距離は現在のものではない

自動車保険の保険料は走行距離が短いほど保険料が安くなります。走る距離が短いほど事故に遭う確率も低くなるので当然のことです。これとは逆で長ければ長いほど事故の発生率は高くなるので、保険料も高くなることになります。

これと同じ考えで搭乗者の年齢が高くなればなるほど保険料が高くなります。運転能力が下がるので、運転のリスクが高くなるからこれも同じような考え方です。

ところで走行距離についてですが、今現在の車の走行メータの数字と勘違いする人もいるようです。確かに走行メータの長い車はトラブルが発生しやすいので、そう考えるのも無理のないことですが、自動車保険では「これだけどれだけ走るか」が大切なのです。ですので、自動車の利用目的などを確認します。

今現在の走行走行メータの数字が長いと、これからの距離を短くしても信用されないこともありますが、今までの自動車の用途、そしてこれからの自動車の用途をしっかり伝えることで保険料が安くなることもあります。

自動車保険の申告距離をオーバーしたらどうなるかと不安になる人もいるかも知れませんが、きちんとそのことを保険会社に申告して必要な手続きをしていれば、もしもの時もきちんと対応してくれるので、契約内容をよく確認しておくことが大切です。

自動車保険は走行距離に応じて保険料を安くできます

事故に遭遇する頻度として走行距離が多い方ほど割合が高くなります。この事故に遭うリスクを自動車保険では保険料の仕組みに加えています。走行距離に応じた保険料の考え方としては二つあります。

一つは使用目的に合わせた保険料です。自動車保険ではクルマの使用目的を日常・レジャー使用、業務使用、通勤・通学使用に分けています。仕事でクルマを使うことが多いのであれば業務使用になり、雨の日にクルマを通勤で利用する程度あれば、日常・レジャー使用にすることもできます。

保険料の安さで言えば日常・レジャー使用、通勤・通学使用、業務使用の順となります。これはクルマを利用する目的ですが、走行距離自体で保険料を決める自動車保険もあります。こちらは距離換算です。走った分だけ保険料に反映させる仕組みで合理的なものとなっています。

長く走る人ほど、クルマを多く利用する人ほど事故に遭う確率も高くなる、これが自動車保険の走行距離に対する考え方です。総じてリスクを限定すれば自動車保険の保険料は安くなります。

クルマに乗る回数が減った方は更新時に契約内容を見直しても良いでしょうし、利用目的が変わったのを機に走行距離を基準にする保険会社に切り替えてみるのも良案です。

自動車保険の年間予定走行距離の申告とは

自動車保険は、加入者から広く保険料を集めて運用し、もし加入者に自動車事故などによる被害があった場合には、そのお金のなかから契約内容にあわせて必要な保険金を支払うという仕組みです。このため、支払う保険料と得られる保険金とのバランスが、どの加入者にとっても公平になるように、さまざまなリスク要因によって、保険料の金額も変化するようになっています。

自動車保険の契約にあたって、年間予定走行距離を申告させるのも、このようなリスク要因を把握するための取組みのひとつです。保険会社によっても若干の違いが見られますが、自動車保険では、年間予定走行距離が3,000キロメートル未満からはじまり、15,000キロメートル以上までのいくつかの段階を設けているのが一般的です。

この年間予定走行距離がどの段階に属するかによって保険料にも差が付けられており、3,000キロメートル未満であれば自動車事故にあうリスクも少ないため保険料はより安く、逆に15,000キロメートル以上であれば事故にあいやすくなるため保険料もより高く設定されています。

年間予定走行距離は、あくまでも「予定」であり、実際の走行距離が違ってしまうことも考えられます。もしも保険期間中に実際の走行距離が年間予定走行距離を上回る見通しとなった場合には、すみやかに保険会社に連絡してこの段階を変更してもらい、保険料を追加で支払う必要があります。

自動車保険の一括見積もりサービスを利用しよう

現在契約している自動車保険は、何年も見直しせずに満期がきたらそのまま更新しているという方は少なくないでしょう。自動車保険は多くの会社が扱っており、それぞれの保険商品によって補償内容や料金が違ってきます。自動車保険は常に新しい商品が登場しており、保険料が安くて補償が充実した保険が多くなっています。

もしかしたら有利な保険を見逃しているかもしれませんから、更新のタイミングで他の保険もチェックしてみた方がいいでしょう。自動車保険を比較する際に便利なツールが一括見積もりサービスです。多くの方が利用しているサービスで、一回の操作で複数の保険会社に見積もりしてもらうことができます。

詳しい補償内容や保険料については、それぞれの保険会社から個別で届くようになっています。保険料を比べてみて今の補償と変わらずに保険料だけが安くなるなら、更新せずに新しい保険に切り替えた方が有利になります。

自動車保険の一括見積もりサービスでは、見積もりを依頼するだけで様々な特典が付いてくることもあります。全国の飲食店で利用できる商品券がもらえたり、普段利用しているネットサービスのポイントが加算されるタイプもあります。利用価値のある特典を選びましょう。

自動車保険の事故有係数の適用期間

自動車保険料の負担を公平にするために事故有契約者と無事故契約者ごとの等級係数の細分化が見直しされました。継続契約者の7等級から20等級の契約者に対して同じ等級でも事故があるないでは割引率や保険料が違ってきます。今回の新制度は一段と事故有契約者にとっては負担が大きいものとなります。

具体的に説明しますと事故を起こすと等級が3等級落ちて3年間の期間、割引率が低い設定になります。また事故まではいかない落書きや飛び石などで車が損傷した場合は翌年度の等級が1級落ちて、1年間は低い割引率が適用期間とされます。今まで等級据え置き事故が1等級事故扱いにされてしまいます。

しかも再び事故を起こした場合は適用期間が積算されてしまいます。適用期間は上限が6年間と決まっていますので無事故係数に戻るまでは大変です。このように事故を起こした事故有契約者にとっては厳しい制度になりました。今いちど自分の自動車保険の補償内容や範囲、免責金額などを把握することが必要になります。

大きな車の損傷なら自動車保険を使わざる得ませんが少しの傷などで保険を使ってしまうと翌年の保険料が高くなります。状況に応じて保険の利用を考える必要があります。