自動車保険の契約者と適用範囲について

自動車保険を契約する際、保険の適用範囲は自動車所有の契約者だけであったり、家族限定であったりと様々です。

ここでは自動車保険の契約者と適用範囲について詳しく解説しています。

自動車保険の契約者と記名被保険者の違いとは

自動車保険では、「契約者」と「記名被保険者」という呼び方が別々に用いられることがあります。通常の場合であれば、「契約者」と「記名被保険者」は同一人物ですが、場合によっては両者が異なるケースも想定されるためです。

ここでいう「契約者」とは、自動車保険の契約を申し込み、保険料を支払っている人のことであり、「記名被保険者」とは、自動車保険の補償対象となっている車を主に運転している人のことで、保険証券にその名前が記入されている人のことをいいます。

この両者が異なる場合というのは、例えば未成年者が運転免許を取得してはじめて自動車保険に加入するようなケースが代表的ですが、未成年者は自ら保険契約を結ぶことができないため、成人した親族などが「契約者」となり、いっぽうで車を運転する未成年者本人は「記名被保険者」となります。

同様に、車検証に車の持ち主として名前が記載されている「所有者」が、「契約者」や「記名被保険者」と異なっているようなケースも見られます。このように、自動車保険の契約では権利関係が複雑になることがあり、ことばを正確に用いようとするあまり、約款などの文書もわかりにくい表現になっていることが多いといえます。

契約の際には、まずはことばの定義をしっかりと把握した上で、約款の内容を読むとよいでしょう。

親名義でも自動車保険に入れるのか

通常、自動車保険に加入するとその自動車の所有者が保険に加入するのが一般的ですが、実際にはこの所有者と自動車保険加入者が別であっても加入することが可能です。自動車保険の契約では、契約者と記名被保険者の2つがあります。契約者は自動車保険を契約している人を指し、同時に保険料を支払う人になります。

一方で、記名被保険者はその自動車を実際に使用する人になります。つまり、所有者と使用者が違っていても問題はありません。ただし、この所有者と使用者に関しては親族間であることが条件の場合があり、例えば車を使用する人の名義の自動車でも親名義の自動車保険を掛けることができますし、反対に親名義の自動車に、使用者が自動車保険を掛けることも可能です。

記名被保険者が重要視されるのは、その自動車を運転している時に事故を起こしたさいに補償の適用範囲内であるかどうかになります。基本的に保険では本人または家族がその対象となりますが、その本人の基準が記名被保険者になります。

また保険には年齢条件もあり保険の対象であっても年齢条件に合致していなければ保険が下りません。そのため、自動車を使用する人に合わせて保険の契約を行う必要があります。

運転手を限定して自動車保険の保険料を節約しよう

自動車保険を選ぶ時は、少しでも料金が安い保険を選びたいですね。自動車保険の保険料は工夫次第でかなり安くすることができます。補償額を抑えても保険料は安くなりますが、補償額は必要な金額で設定しなければいざというときに不安ですね。補償額以外で保険料を安くする方法を考えましょう。

例えば運転手を限定することで保険料が安くなる特約を利用する方法があります。自分だけが運転する自動車であれば、運転手を一人に限定できますね。配偶者がいる方は本人と配偶者のみに限定させることも可能です。運転手を家族だけに絞る家族型を選んでもいいでしょう。

運転手限定特約は自動車保険の商品によって設定が変わってくるでしょう。配偶者までは限定できても、家族を設定することはできない場合もあります。運転手の年齢を限定する特約もあります。21歳未満不担保や26歳未満、35歳未満等保険会社によって年齢の設定が変わってきます。

自分にとって一番有利な特約を選ぶことが保険料を安くするコツです。家族が全員26歳以上であれば、二つの特約をセットにすることができますね。万一補償の対象になっていない人物が運転して事故が発生した場合は、自動車保険の補償は受けられません。

自動車保険の運転者限定なしの活用と補償範囲

自動車保険で運転者の対象を誰にするかは重要なポイントです。基本的に運転する人数が減るほど、事故のリスクは減るので保険料は安くなります。例えば、一番安くなるのは本人のみの場合です。運転者の限定は任意の自動車保険だけに設定できる特約扱いの補償です。

運転者の限定対象は保険会社によって違いはありますが、本人のみや家族限定ほとんどの会社で加入することができます。また、運転者限定なしとすることもできます。この運転者限定なしは運転者の限定の中では一番、保険料も高くなるのですが、知人が乗った場合の事故にも補償されます。

クルマを知人・友人に貸す例は遠出の旅行の場合で、親戚に貸す例は帰省の際に多くあります。その時に運転するクルマの自動車保険が家族限定であれば、契約外の他人が起こした事故では補償はされません。同居などを条件に家族限定はきちんと自動車保険においては定義されているのです。

運転者限定なしは契約者以外の他人がクルマを運転するケースの補償ですが、保険会社に連絡して期間限定で運転者の限定を変えることも可能です。保険料は日割り計算となり、追加の分だけ高くなりますが、事故を起こした場合のリスクと経済的負担を考えれば、軽いものと言えるでしょう。

自動車保険の家族限定の範囲とは

自動車保険は、補償の範囲によって保険料が変わってきます。例えば運転者の範囲を限定することで保険料を変えることができます。本人のみや家族限定といったように補償の範囲を限定し、保険料を安くすることができます。

自動車保険を家族限定とした場合、家族とはどこまでの範囲か決まっています。契約をした本人の被保険者と、被保険者の配偶者、被保険者または配偶者の同居の親族、被保険者または配偶者の別居の未婚の子となります。ちなみに親族とは6親等以内の血族または3親等以内の姻族となります。

同居の親族といえ、2世帯住宅の場合はどのようになるか、6親等以内の血族または3親等以内の姻族と暮らしていて同一の部屋の内部でつながり、お互いに行き来ができると同居の家族とみなされます。同じ敷地内でも建物が完全に仕切られている場合は同居とはみなされません。

また子供が被保険者のもとを離れてひとり暮らしを始めたという場合は補償の対象となりますが、結婚した場合は注意が必要です。この場合は家族として扱われないため、これまで感覚で被保険者の子供が実家の車を利用すると補償の対象外となります。このように自動車保険を契約する際、補償の範囲や条件をよく確認して契約をしましょう。