自動車保険加入時の事故対応について

自動車保険を契約する際、想定しているのは事故を起こした時の保険適用だと思います。

ここでは自動車保険加入時に比較しておきたい事故対応の差について詳しくまとめています。

自動車保険は事故対応のしっかりした会社を

自動車保険を選ぶ際に保険料を注視する人が多くいますが、保険料だけでなく、事故対応のしっかりしている保険会社を選ぶことが大切です。自動車保険の保険料が気になるのは当然のことですが、せっかく自動車保険に加入していてもいざという時に役に立たないので保険に加入している意味がないのです。

事故対応にもいろいろです。保険会社が事故発生の連絡する受付もありますが、加害者での連絡や代車の手配など求めるものは多くあります。また、相手との示談交渉などを行うことも事故対応の一つです。このようにいろいろありますが、これらをすべて確認するのは無理があります。

しかし、受付対応などは資料で確認できます。その際の対応方法も記載されていますが、全部を確認することは困難ですので、その会社の口コミサイトなどを参考にするのも良い方法です。事故が発生すると、当事者は混乱を起こして冷静な判断をすることは難しくなります。だからこそ対応方法が重要になってくるのです。

書類上では確認は難しいものですが、他に加入している人に聞いてみるなどして情報収集をすることも必要です。人によっては保険会社の知名度で安心する人もいますが、知名度の高さと対応方法の適切さは必ずしも同じではないのです。

自動車保険の自損事故保険の内容とは

自動車保険の種類として、すべてのドライバーが全員加入となる自賠責保険がありますが、これは相手がある事故の場合に、被害者の人身に対する補償を行うことを目的としたものです。したがって、ガードレールや電柱、家屋などに衝突したり、崖から転落したりするような、事故の相手方がいない自損事故の場合は、自賠責保険による補償は受けられません。

こうした自損事故で搭乗者がケガを負って、治療費などが必要になった場合、必要な保険金を受け取ることができるようにするためは、任意の自動車保険のなかの自損事故保険に加入しておく必要があります。

基本的に、この自損事故保険の保険金は定額制となっており、実際に必要な金額よりも不足する可能性があることから、さらに補償が手厚い人身傷害保険という別のタイプの保険に加入するドライバーも多く、その場合には自損事故保険にわざわざ加入する必要はありません。

自損事故保険では、運転者の故意または重大な過失による事故、酒気帯びや無免許運転などに伴う事故、自殺を目的として引き起こされた事故などでは補償の対象とはなりません。なお、同じく自損事故であっても、車体のみを損傷するなどの物損事故であった場合については、自動車保険の一般型車両保険とよばれるものに加入していれば補償の対象となります。

自動車保険と等級ダウン事故の取扱い

自動車保険の保険料を決める仕組みのひとつとして、ノンフリート等級制度とよばれるものがあります。これは、運転者の事故歴によって20段階のどれかの等級に区分して、無事故歴が長く等級の高い人ほど保険料を安く、その逆の場合には保険料をより高く設定するという考え方を基本としています。

事故によって自動車保険から保険金を請求した場合、原則として「3等級ダウン事故」となり、このノンフリート等級が3ランクだけ引き下げられ、翌年からの保険料が割高となってしまいます。

この「3等級ダウン事故」にあたるものとしては、他人にケガをさせて対人賠償責任保険により保険金が支払われた場合、他人の車を事故で壊して対物賠償保険金が支払われた場合、自損事故で電柱にぶつかり車両保険金が支払われた場合などがあります。

ほかには「1等級ダウン事故」とよばれるものもあり、こちらはノンフリート等級が1ランク引き下げられます。車両が盗難やいたずらにあったり、台風などの自然災害で損傷して車両保険金が支払われた場合が主なものです。特別な場合として、自動車保険のノンフリート等級にまったく影響を与えない「ノーカウント事故」とよばれるものもあります。

人身傷害保険金や搭乗者傷害保険金のみの支払いが合った場合や、弁護士費用特約にもとづく費用のみが支払われた場合などが該当します。

自動車保険における降車後の事故の取扱い

自動車保険では、自動車の運行に起因して発生した事故に対して補償するというのが大原則となっています。したがって、自動車に乗っている最中に後ろから追突された結果、車内にいた搭乗者がケガをしたといった場合には、当然補償の対象となります。

しかし、いったん車外に出て警察の到着を待っている途中で後続車に轢かれて二次的に被害にあうような降車後の事故については、この原則からは外れてしまい、保険金が受け取れないというケースもあり得ます。自動車保険の人身傷害保険のなかには、降車後の事故についてもオプションとしてこの種の補償を付け加えることができるものもありますので、契約内容をよく確認しておく必要があります。

こうしたオプションがない場合には、降車後の事故がどの程度認められるかですが、一般的にはドアを開けて車外に出ようとしてステップに足をかけ、地面に着地するまでの間であるかどうかというのが基準となっており、完全に車外に体がある場合には認められないとされています。

ただし、タクシーの降車後数歩だけしか歩いていない距離にある場所で、ドアがまだ閉じていない間に事故にあったというケースについて、裁判によって自動車保険の適用が認められたケースがありますので、具体的な裁判になってみなければわからないこともあります。

自動車保険の事故処理のスピードに関して

自動車保険は事故があった場合に非常に役に立つものですが、できるだけ不安をなくすためには素早く解決してくれることが重要になってきます。その為に重要なのが事故処理のスピードです。具体的な数字やサービスの質などいろいろな項目で確認をして、顧客満足度が高いかどうかはその自動車保険を利用する上で確認しておきたい部分です。

満足度はどのような対応をしてくれたかという部分が大きいようです。まず混乱している事故の状況に落ち着いて対応してくれて当事者に不安を与えないということが評価が高いです。事故処理のスピードは素早くやってくれるところが評価が高い傾向にあります。

そして自動車保険にとって一番重要な支払いがスムーズだと評価が高まります。その中できちんと説明がなされてわかりやすいことも非常に重要なことです。電話してから担当者の対応が早くて対応してほしいことをしっかり行ってくれることが満足出来る事故処理のスピードにつながります。

どこの保険会社が一番満足出来るかは複数の満足度ランキングなどで総合的に判断することがいい方法です。事故処理のスピードとはいろいろな意味がありますから総合的に判断することが大事になってきます。

不慮の事故に備えて自動車保険に加入しよう

不慮の事故というのはある日突然やってきます。不慮の事故にはいろいろなケースがあります。一般的には偶然性、急激製、外来性の3つの条件が認められた場合に「不慮の事故」になりますが、いずれにしても不慮の事故が訪れた場合の対策はきちんとしておく必要があります。

特に交通事故の場合は死亡事故に繋がることが殆どで、その場合には慰謝料なども考えられないほど高額になります。一般の方では支払いできないものとなり、一生が駄目になってしまうのです。そんな時に役に立つのが自動車保険です。

自動車保険は自賠責保険では補償できない部分をきちんと補償してくれるのです。補償内容も様々ですが、最低限対人、対物については無制限の補償は必要です。それ以外にも自動車保険には車両保険などもあります。事故での補償だけでなく、自分自身の自動車に対しても補償してくれるのです。

補償内容を充実させればさせるほど保険料も高くなるという問題もありますが、いずれにしても支払いができる範囲内で必要な補償を確保することが大切です。しかし、最低限対人と対物については無制限の補償は必要となりますので、自動車保険に加入する際には、契約内容をきちんと確かめることが必要です。

自動車保険のカウント事故とはどのような事故?

自動車保険に加入していれば、万一事故を起こしてしまった時でも損害賠償額が保険から補償されるので安心です。自動車保険には等級というシステムがあり、一年間保険を使うような事故がなければ次の年には等級がワンランク上がるという仕組みになっています。

しかし、一度でも事故を起こして自動車保険を使った場合は等級がダウンしていきます。事故の種類によってカウントされる数が違います。3等級ダウンする事故と1等級ダウンする事故がありますが、どちらもカウント事故と呼ばれています。

3等級ダウンする事故とは、対人賠償保険や対物賠償保険が適用された時です。また車両保険を使った場合も、次の年には3等級ダウンします。1等級ダウンする事故とは、事故以外で車両保険が使われた時等が該当します。車両内からお金が盗まれた時やガラスが破損した時等に車両保険を使った場合は1等級ダウンとなります。

自動車保険を使ってもカウントされないノーカウント事故というものもあります。ノーカウント事故は基本補償を使った時ではなく特約だけを使った場合等が該当します。ノーカウント事故では次の年に等級が据え置きになるのではなく、通常通り1等級上がることになります。