自動車保険契約時の必要書類について

自動車保険を契約する際は他の保険と同様に提出する必要のある書類が沢山あり、自動車保険特有の提出書類もあります。

ここでは自動車保険契約時の必要書類について詳しく解説しています。

自動車保険(契約の必要書類)について

自動車保険を新規で契約する場合の必要書類は主に自動車保険の「申込書」、保険をかけたい車の「車検証のコピー」となります。自動車保険は主に損害保険代理店を通して加入するのですが、その際に補償内容や保険金額の設定をします。

申込書は「このような内容で保険に申し込みます」という保険会社への申し出のための書類になります。申込書の内容をもとに保険証券が作成されるため、加入したい車の情報は正しく申し出る必要があります。また、契約者や被保険者と言わる保険の補償の対象者についても正しく申告しなければなりません。

車検証のコピーは「この自動車は本当に存在してますよ」ということを損害保険代理店や保険会社に知らせるために添付します。実在しない自動車に保険を掛けることができないため、保険加入が可能な車かどうかをは確認する必要があります。また、契約したい車を特定し、確かな情報で保険を契約するための意図もあります。

その他、保険料の支払方法によっては「口座振替依頼書」や「クレジットカード登録用はがき」などの必要書類があります。車検証以外の必要書類は損害保険代理店に大体用意されていますので、事前に準備する必要はありません。

自動車保険契約の際の必要書類

自動車保険の保険料はとても細かく分かれて設定されています。ですから、自動車保険に契約する際にはいろいろな項目ごとに条件を選択しながら契約内容と保険料を決めていきます。

自動車保険の保険料に関わる項目は、保証をどのくらいにするかといったことの他に、契約する車両の車種や排気量、運転する人の年齢条件、車両保険特約の有無、そして自動車保険に独自の制度である等級などがあります。

ですから、新規や継続で自動車保険に契約するにあたっては、これらの項目を確認できる書類が必要になってきます。実際の必要書類は保険会社ごとに決められていますからそれにしたがって用意することになりますが、一般的に必要書類の代表は車検証と自賠責保険の証明書です。

法律で契約が指定されている自賠責保険は任意保険に契約するにあたっては契約していることが大前提なのでその確認をし、また車検証では普通車や軽自動車といった種別やその車両の排気量、それに個人名義か法人名義かなどを確認します。

また保険会社によっては、運転者の年齢条件を確認したりあるいは免許証の色で保険料が変わってくることもあるため運転免許証わ提示したりコピーの提出が求められることもあります。さらに、他社からの無事故等級を継承して自動車保険に契約する場合ではその等級がわかる書類も必要になります。

他人名義の車の自動車保険の加入

自動車保険では契約者がすなわち車両所有者であるのが一般的なあり方といえますが、時として車両所有者が他人名義となってしまう場合もあります。

典型的な例としては、マイカーローンを組んで新車を購入した場合ですが、この場合には車検証上の車両所有者がローンの貸付けを行っている銀行や信販会社となり、使用者として実際に購入した本人の名前が記載されていることがあります。このような場合には、事実上の所有者である契約者の名前をもって、自動車保険上の所有者とみなすことができるため、特に心配はありません。

問題は、友人や親戚から中古車を安く譲り受けたものの、その友人などが車をカーローンで購入しており、まだ返済が終わっていないがために、車検証上の所有者も使用者も変更することができないという場合です。こうした場合には車検証のどこにも契約者の名前が表れず、まったくの他人名義の車となってしまいます。

これを「名義残り」と呼んでいますが、ローンの完済が近いなど、すぐに名義変更ができることが明らかな状態であれば、実質上の所有者が契約者であることを自認する一筆を差し入れ、自動車保険の代理店の店頭で手続きをすることにより、保険契約を結ぶことが可能な場合があります。

自動車保険に加入する際の手続きとは

現在加入中の自動車保険から別の保険会社が販売している自動車保険に変更したいという方は、どのような手続きをしたら良いのか確認しておきましょう。自動車保険に加入する際は、代理店を通して手続きする方法とインターネットから自分自身で手続きする方法があります。

代理店を利用する場合は、担当者に依頼すれば自分が行動することはほとんどありません。担当者が申込に必要な書類を届けてくれるので、サインや捺印をするだけで申込手続きは完了するでしょう。

一方インターネット型の自動車保険の場合は、保険料の見積もりから申込まで自分で手続きを進めなければなりません。契約開始日を指定したり補償額を選択する必要があるので、多少時間と手間が掛かります。その分保険料を安く抑えることができるというメリットがあるのです。

初めてインターネット型の自動車保険を利用する場合は、日数にゆとりを持って申込をするようにしましょう。見積もりや申込に時間が掛かると保険契約の期間が切れてしまう可能性もあります

。保険期間が切れないうちに全て済ませておくと安心です。インターネット型の保険を選択した場合、保険料の支払いはクレジットカードや銀行口座からの引き落としとなります。

自動車保険と新規契約の関係について

自動車保険は、その保険料算定根拠が会社によって異なります。算定の根拠であれば、新規契約を結ぶ時は、通常であれば保険料は最初からのスタートであり、保険料自体は更新割引もなく、満額になると思います。しかし、新規契約の場合は、保険会社にとっても、今後も継続して自動車保険を更新してもらいたい期待があり、特別割引を行っている会社も少なくありません。

一般的には、自動車保険は無事故で年度更新契約をするたびに、更新割引が実施されるのです。逆に、事故歴があると、更新時には割引率が縮小されるので、保険料が上がることになります。保険料の算定としては、会社ごとによって異なりますが、共通項目としては、被保険者の年齢があげられます。

年齢が20代前半などは運転歴も短く、事故の可能性も20代は高いものがあるので、40代以降と比較しても事故率は高いのです。この他には、年間の走行距離です。この走行距離が長いほど、事故の可能性も上がるからです。この他には、車の車種によっても異なります。

軽自動車なのか、普通車か、トラックなどの業務車両なのかなど、また、人身保険だけでなく車両保険をつけるかどうかによっても、料金は上限するのです。