自動車保険を理解した上での選び方とは

車に乗っている人の多くは基本的に自動車保険に加入していますが、しっかりと理解した上で加入しなければ無駄なオプションまで付帯してしまっている可能性もあります。

ここでは自動車保険を理解した上での選び方についてまとめています。

自動車保険の賢い選び方とは

自動車保険に加入する時は、自分にとって最も良い条件で加入できる保険を選ばなければなりません。自動車保険の賢い選び方とは、同じ補償内容でも保険料が安い保険を選ぶことです。補償額を同じ金額に設定しても、保険会社ごとで支払う保険料に差が出てくるでしょう。

保険料を調べるためには複数の保険会社の自動車保険が一度で比較できる一括見積もりサービスを利用すると便利です。自動車保険の選び方では、保険料だけでなく事故対応も気になりますね。ネット型の保険を利用した場合、万一事故を起こしてしまった時はどこが対応してくれるのか良く分からないという方が多いでしょう。

代理店型の保険なら代理店の担当者とやり取りすることができます。ネット型でも提携している修理工場やロードサービスの業者があるので、加入する前に確認しておくと安心です。他には特約の内容で選ぶという方法もあります。例えば家族で原付バイクを運転する方がいる場合は、バイク特約が用意されている自動車保険を選ぶとお得になります。

原付バイク専用の保険に加入するよりも安い料金でバイクの補償を付けることができるのです。自動車保険には様々な特約があるので、比較してから選びましょう。

自動車保険を選ぶならランキングを参考にしよう

最近は自動車保険を見直す方が多くなっていますが、保険商品自体が多過ぎてどの保険を選んで良いか迷ってしまうでしょう。そんな時は自動車保険を比較する際のポイントをいくつかに絞っておくと便利です。保険料の安さで比較するのはもちろんですが、保険会社のサービス内容やサポート体制も比べてみるといいですね。

比較するためにも候補となる自動車保険を何社かピックアップしなければなりません。実際に多くの方が利用している保険なら安心して契約できるのではないでしょうか?インターネットで自動車保険のランキングサイトをチェックしてみましょう。ランキングで上位にある保険は人気があるということです。

多くの方に選ばれている保険の中から自分に合った保険を見つけましょう。保険料は人それぞれ違うので見積もり額を確認することになります。サービス内容ではロードサービスの距離や内容が違っていたり、用意されている特約にも特徴があります。特約を付けることで保険料が割引される保険もあります。

利用価値のある特約が多い保険を選ぶという方法もあります。万一事故を起こしてしまったときのサポート体制も気になります。利用している方の意見や感想を参考にすると便利です。

代理店型自動車保険とダイレクト型自動車保険の違いについて

自動車保険に加入する場合、主に二つの方法をとっている保険会社にわけることができます。一つは営業所の窓口や担当が訪ねてきたりして、対面して担当者と話し合いながら加入する対面式自動車保険という従来の物と、インターネットや電話などを活用し対面することなく加入することができるダイレクト型自動車保険です。

対面式自動車保険の場合は、通常のお店と同じように考えてもらえればいいでしょう。営業時間があり、自分で出向いたり来てもらったりと人と人とが直接やり取りするやり方です。一方でダイレクト型自動車保険の特徴は、インターネットなどを利用するので24時間365日いつでも申し込みなどの手続きができるということです。

パソコンで自宅でもできるだけでなく、スマートフォンやタブレットを利用すれば外出先でもどこでも利用が可能なのも大きなメリットと言えます。ダイレクト型自動車保険の場合は中間に代理店などを挟まないのでコストを抑えることができるので、保険料が比較的安くなっています。

インターネットを利用することによって、ゆっくりとプランを検討できるという利点もありますし、インターネット割引などのサービスがある場合も多くなっています。

自動車保険の対人賠償保険はいくら?

自動車を運転する方なら誰でも自動車保険に加入していますね。どんなに運転に自信があっても、走行中は何が起こるか予測がつきません。いざという時のことを考えて補償が充実した自動車保険に加入しておくことが大切です。

自動車保険の補償内容は大きく分けると三種類になります。一つ目が対人賠償保険と対物賠償保険といった相手への補償になります。二つ目が運転者と同乗者に対する人身傷害や搭乗者傷害です。そして三つ目が車が対象となる車両保険です。この中で一番重視したいのが対人賠償保険でしょう。

万一他人にケガをさせてしまったり重大な事故になった場合は、多額の賠償金を補償しなければなりません。数千万円から一億円を超える賠償金になることも考えられます。そのようなリスクに対応するために対人賠償保険の補償額は無制限になっている保険が多いでしょう。

もし補償額が選べる保険だとしても金額を設定せずに無制限にしておきましょう。対物賠償保険の方も無制限で設定されている保険があります。数千万円単位にしている方もいらっしゃいますが、大きな損害になる事故を起こしてしまう可能性は否定できませんから、対物賠償保険の方も無制限の補償を選んでおくと安心です。

自動車保険における免責金額の設定方法

自動車保険には、保険会社さんにもよりますが自損事故(相手にぶつかられたのではなく、自分の運転ミスにより何かにぶつかった場合の事故)における免責金額を設定することが出来ます。大抵の自動車保険の初期見積もりにはこの免責金額はゼロ円、つまり「どんな小さな事故による車の損傷も保障します」という設定になっているケースがほとんどです。

しかし実際に事故を起こした時、車の損傷が小さく修理費が数万円ですむような場合は、自動車保険を使わずに自費で車を直した方がお得な場合があります。なぜなら自動車保険は、一度使うと等級が一段階戻り、次年度の掛け金が高くなってしまうからです。また、免責金額がゼロ円の自動車保険は掛け金も高くなります。

次年度の掛け金が高くなるため、自動車保険を使わない可能性を考慮すると、免責金額はゼロ円ではなく、いくらかつけておいたほうが掛け金がお安くなるのでお得になります。免責金額はいくつかの中から選ぶことが出来ます。

運転に自信がある方は免責額を10万円くらいに設定しておくと、保険の掛け金が数万円単位でお安くなります。何年、あるいは何十年もかけ続けるものですから長い眼で見ると数十万もお得になります。

自動車保険(強制保険と任意保険)について

自動車に関する保険には2種類あります。自賠責保険と自動車保険です。自賠責保険はその性質上「強制保険」と呼ばれています。自賠責保険は自賠法という法律によって成り立っている保険で、交通事故被害者救済を目的とした保険です。自動車を走行させる場合、自賠責証明書を備え付けていないと公道を走行できない決まりになっています。

そのため、自動車を購入されて新規登録をする場合、もしくは車検を受ける場合に必ず加入することになります。補償の内容は加害者側から被害者側への死亡、後遺障害、傷害に対する賠償になります。

自動車保険は「任意保険」と呼ばれています。自賠責保険とは違い、自動車に乗る人が自賠責保険では賄いきれない補償の部分を補うためにかける保険のため、強制加入ではありません。そのために任意保険と呼ばれています。

交通事故被害者への賠償の他に、事故で壊してしまったものに対する賠償や自動車に乗っていた人のケガに対する補償など自動車に関する事故への備えとして加入する保険です。

近年は自動車での事故が多発しているため、自動車保険に加入していない人はほとんどいないと思われるほど一般的な保険となってきています。強制保険と任意保険はどちらも自動車に乗る人にとってはとても大切な保険といえるでしょう。